ヤクルトの高津采配に僅かなズレ? 「迷いをあまり持たないで」


◆ リリーフ陣がつかまり連勝ストップ

 「SMBC日本シリーズ2021」の第5戦が行われ、接戦を制したオリックスが対戦成績を2勝3敗とし、決着は神戸に場所を移す第6戦以降にもつれ込むことになった。

 日本一に王手をかけていたヤクルトは幸先良く先制すると、同点に追いつかれた直後に4番・村上宗隆の勝ち越し弾で再びリードを奪うなど、試合を優位に進めていた。しかし、6回二死無走者から失策と安打で一、二塁となり、左のT-岡田を迎えたところで左腕の田口麗斗を送り込むも、右安打を許して試合は振り出しに。

 さらに7回には今シリーズで好投を見せていた石山泰稚が3本のヒットを許してまさかの2失点。その裏には一死一塁から代打で内川聖一を送り出すも併殺に倒れ、続く8回表にも二死からの連打でリードを3点差に広げられた。その後、山田哲人の3ランで試合を振り出しに戻したが、守護神マクガフが9回に勝ち越し弾を許して敗戦を喫した。

 25日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で番組MCを務めた高木豊さんはヤクルトの戦いぶりについて「悪くないけど、ちょっとずつ思惑が外れてきている」と指摘。田口が同点打を許した場面や内川の併殺打を例に挙げ、「勝っているときは、そういう作戦が当たっていくが、劣勢になった時に思惑が外れだすと、指揮官が迷い出す」と述べ、「これからは、そういう迷いをあまり持たないでほしい」とアドバイスを送った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

ジャンルで探す