首位・ヤクルト、引き分けでM3 田尾氏「選手の表情を見ていたら…」


阪神 0 - 0 ヤクルト
<25回戦・甲子園>

 首位・ヤクルトと2位・阪神の“直接対決”は、0-0の引き分けでヤクルトの優勝マジックを「3」とした。

 ヤクルト・高橋奎二、阪神・ガンケルの投げ合いは、高橋が7回4安打無失点、ガンケルが7回2/3を無失点に抑える投手戦。ヤクルトは8回・清水昇、9回・マクガフ、阪神も8回途中から登板した岩崎優が0回1/3、9回は守護神・スアレスが無失点に抑えた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は、「両チームのベンチの選手の表情を見ていたらはっきりしていますよね。スワローズの選手たちは勝った後のような表情。タイガースの方は負けたような感じ。この引き分けは、それだけの違いがある引き分けですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ジャンルで探す