名スカウトも認めた“逸材” 広島・坂倉将吾の不退転の決意【バイプレーヤーたちの夏】


◆ 第4回:広島・坂倉将吾

 捕手とは、何とも因果な“商売”である。

 投手や内野手、外野手には複数の働き場所がある。だが、捕手の場合は正捕手か、控え捕手かしかない。奪い取る席はたったひとつだ。


 いくら好リードで投手陣を引っ張っていても、たったひとつの配球ミスや、投手の投げ間違いでゲームを台無しにするケースもある。

 それでも捕手に言い訳は許されない。ファウルチップを体に当てて満身創痍。試合前、試合後の対戦相手の研究にも頭を悩ませる。


 一方で「捕手冥利」という言葉もある。

 投手の持ち味を存分に引き出し、相手打者の狙いを外しながら手玉にとる。ゲームを支配して勝利に結びついたとき、捕手ならではの喜びと達成感が快感に代わる。

 広島の若き正捕手候補・坂倉将吾選手もそんなキャッチャーの魅力に取りつかれた男である。


◆ 見据える“會澤越え”

 2016年、ドラフト4位で日大三高から入団。名門の4番を1年から任された打棒に加え、インサイドワーク、キャッチング、強肩と、すべての資質を備えた有望株だった。

 獲得にあたったのは、“名スカウト”として名高い苑田聡彦現スカウト統括部長。多くの逸材を見てきた男に、「ああいう捕手は40年やってきて(スカウト生活の中で)初めて見た」と言わしめたのだから、その期待の大きさは計り知れない。

 その期待の通り、打撃センスは「前田(智徳)二世」の評判を呼び、1年目にはウエスタン・リーグの「優秀選手賞」や「新人賞」も受賞。前途洋々の滑り出しだった。


 しかし、そんな逸材の前に立ちはだかったのが、捕手というポジションだ。

 入団直後、広島の正捕手は石原慶幸選手から會澤翼選手に移行する時期。その後は會澤の活躍が目覚ましく、昨年は侍ジャパンの中心にまで上り詰めた。二軍ではそこそこの成績を残しても、一軍における活躍の場は限られていた。

 そこで、チームとしては打撃に非凡な素質を秘める「控え捕手」に対して、三塁か外野手へのコンバートを打診している。

 過去の他球団の例を見ても、かつて西武や中日で活躍した和田一浩氏や、日本ハムの近藤健介選手らは、捕手から外野に転身して花開いた成功例。正捕手の會澤の年齢が32歳ということを考えると、コンバート案はあながち的外れとも言えない。

 だが、坂倉は球団の提案にきっぱりと「ノー」と答えている。あくまで自分の居場所は捕手であり、“會澤越え”だ。


◆ 12球団一の激戦区で

 8月26日現在(以下同じ)、坂倉の成長は目を見張るものがある。

 今季はすでに27試合に出場。打率は「.339」で2本塁打、13打点と好成績をマーク。特に今月21日からの巨人戦では潜在能力の高さを全国にアピールした。

 まず21日の同カードでは、初回に田口麗斗投手から3ランを放って大量5得点を稼ぎ出すと、ルーキーの森下暢仁投手を好リードして勝利に導く。さらに23日には同点の8回に代打起用されると大竹寛投手から決勝本塁打を放ち、巨人3タテの立役者となった。




 「今年は初球から積極的な打撃を心掛けている」という言葉通り、カウント別の打撃を見ると、初球は10打数6安打、1ストライク0ボールでも0ストライク1ボールでも4打数2安打とハイアベレージを記録している。

 昨オフには、巨人の炭谷銀仁朗選手に弟子入りして捕手の基本から学んだ。打撃では、パ・リーグのMVP男・森友哉選手(西武)のフルスイングと積極性を勉強。そんな成果が徐々に表れつつある。


 現在地は「會澤に次ぐ2番手捕手」の位置づけには違いない。それでも、出場試合数は6月・7月より8月の方が増えてきている。それだけ、佐々岡真司監督以下、首脳陣の信頼が増している証でもあるだろう。

 前述の會澤、石原に加えて、球団では地元・広陵高出身のドラフト1位・中村奨成選手の人気も捨てがたい。地味だが堅実な磯村嘉考選手もいる。広島の捕手陣は12球団一の激戦区と言ってもいいだろう。

 そんな中で、22歳の成長株がどこまでブレークできるのか…。バイプレーヤーたちの夏はまだまだ熱い。


文=荒川和夫(あらかわ・かずお)

ジャンルで探す