広島が2位浮上! 大瀬良が完投で10勝目&西川12号含む4安打

先発した広島・大瀬良 
 (C)Kyodo News


先発した広島・大瀬良 (C)Kyodo News

● DeNA 2 - 4 広島 ○
<19回戦・横浜>

 2位3位の直接対決を制した広島が2位に浮上。2失点完投の大瀬良が3年連続の二桁勝利となる10勝目を挙げた。

 広島は2回、5番・松山竜平の二塁打と6番・會澤翼の右前打で一死一三塁とすると、7番・安部友裕の放った一ゴロが併殺崩れとなり、1点を先制する。3回には、1番・西川龍馬の第12号ソロで2‐0とした。

 先発の大瀬良大地は3回までDeNA打線を1安打のみに抑える好投だったが、4回に二死二三塁から7番・戸柱恭孝にあわや本塁打という適時三塁打を浴びて同点に追いつかれた。

 しかし、広島は5回に大瀬良のヒットと暴投が絡み一死二塁とすると、西川のセンターへのタイムリーで勝ち越しに成功する。6回には安部がライトスタンドに第6号ソロを放ち、4-2とリードを広げる。

 大瀬良はリードをもらった5回以降、DeNA打線をわずか2安打に抑える好投。9回119球を投げ、5安打2失点で10勝目を挙げた。大瀬良の二桁勝利は、3年連続4回目。打線では、西川が決勝打を含む4安打2打点(1本塁打)の活躍だった。

 DeNAは5連敗で3位転落。1番から4番まで無安打に封じられるなど、広島先発の大瀬良を最後まで攻略できなかった。先発・井納翔一が5回途中3失点で5敗目(3勝)を喫した。

ジャンルで探す