広島、6連勝で5カード連続勝ち越し&貯金5 ジョンソン6回0封、西川V弾


● 阪神 0 - 4 広島 ○
<8回戦・甲子園>

 広島は今季2度目の6連勝。5カード連続の勝ち越しを決め、貯金を今季最多の5とした。先発のジョンソンは6回無失点で3勝目(3敗)。打線は2本の本塁打で4点を奪った。

 広島は初回、阪神先発・メッセンジャーから二死一、三塁の好機を作ると、5番・西川が今季1号を右翼席へ運び3点を先制した。6回は無死走者なしの場面で3番・バティスタがフルスイング。完璧に捉えた打球は、左翼席中段へ着弾する特大の9号ソロとなった。

 先発のジョンソンは2回、一死満塁のピンチを背負ったが、9番・メッセンジャーを空振り三振に仕留めたあと、1番・近本は遊ゴロに退けた。3回以降も要所を締める投球。6回105球、6安打6奪三振無失点の内容で白星を手にした。

 阪神は8安打を放ちながらも、今季5度目の完封負け。先発のメッセンジャーは2被弾に泣き、7回5安打4失点の力投も実らず4敗目(2勝)を喫した。

ジャンルで探す