新型コロナ 最新の感染状況や対応は

独立リーグ初のドライチ誕生なるか。細川亨監督も快速左腕に「今すぐNPBで投げられる力はある」

── これまでの人生で、「モノはいいのに......」と言われ続けてきたんじゃないですか?

 そう尋ねると、石森大誠(たいせい)は何度もうなずいて「おっしゃる通りでございます」とおどけるように答えた。大卒2年目の今季、石森はいよいよ類まれな潜在能力を花開かせようとしている。


独立リーグ初のドラフト1位を目指す火の国サラマンダーズの石森大誠

 2021年のドラフト会議まで3カ月を切ったが、今のところ重複1位指名が確実と言えるほど評価が高まった大物はいない。とはいえ高校生右腕、大学生左腕に有望な逸材がひしめいており、これから突き抜けた存在が現れるのか予断を許さない。

 そんな背景があるなか、春から気になる評判を耳にしていた。それは「独立リーグ初のドラフト1位指名選手が誕生するかもしれない」という噂だった。

 その噂の主こそ、火の国サラマンダーズに所属する石森だった。火の国サラマンダーズとは、今季から発足した国内独立リーグ・九州アジアリーグの熊本球団。母体となったのは、昨年まで日本野球連盟(JABA)に所属した熊本ゴールデンラークス。石森は入社1年目の昨季から頭角を現し、ドラフト解禁となった今季は5月に最速155キロをマークした。

 独立リーグ在籍選手のNPBドラフト最高順位は、2013年中日2位指名の又吉克樹。石森は新たな歴史の1ページをつくれるだけの器なのだろうか。

 7月23日、石森を見るために、県営八代野球場で開催された火の国サラマンダーズ対大分B-リングスの公式戦に足を運んだ。

 石森は開幕から一貫してクローザーを務めており、この日まで21試合に登板。1勝0敗12セーブ、21回1/3を投げて被安打わずか6、奪三振38(奪三振率16.03)、防御率1.69という成績だった。

 火の国サラマンダーズは全体的に投手陣のレベルが高い。この日、先発した宮澤怜士(23歳/東海大札幌)、2番手以降の水野喬日(20歳/湖西高)、西島篤(25歳/長崎国際大)とすべての投手が140キロ台中盤から150キロ台前半をマークした。恐らく独立リーグ屈指の陣容だろう。

 5対2とリードして迎えた9回表。石森の名前がコールされ、背番号47の左腕がマウンドに上がった。

 投球練習の初球。高めに抜けたストレートは捕手が慌てて差し出したミットを弾き、そのまま10メートル以上離れたバックネットに「ガシャーン!」とぶつかった。ボールの強烈な伸びと強さに、見ているだけで度肝を抜かれた。

 いざ打者が打席に入った初球、石森は148キロのストレートをストライクゾーンの高めに突き刺した。セットポジションから右ヒザを胸付近まで上げ、バランスよく体重移動してボールを捕手寄りでリリースする。しなやかさと強靭さが共存した腕の振りから放たれたストレートは、捕手に向かってうなりを上げているように見えた。

 前述のとおり、火の国サラマンダーズの投手陣には150キロ前後の球速を誇る投手が複数いる。だが、石森の球質はレベルが違った。

 石森は「理想のストレート」をこのようにイメージしている。

「目標は、オールスター戦で見た則本さん(昂大/楽天)の真っすぐです。力強く腕を振って、テレビ越しでも威力が伝わるボール。今まで野球をやってきて、見ているだけで鳥肌が立つボールってなかなかないと思ったんです」

 この日の石森の最高球速は150キロ。全9球のうち、変化球はスライダーとフォークが1球だけで、あとはすべてストレート。この日対戦した3打者から2三振を奪い、ファウルを含めすべて打者のバットを押し込む圧巻の内容だった。

 石森は「変化球も自信はありますが、ストレートを1球も当てさせないピッチャーになりたい」と語る。そんなコメントが大言壮語に聞こえないほど、石森のストレートには力がある。たった1イニングでは足りない、もっと見ていたいと思わせる爽快なストレートだった。

 なぜ、これほどの投手が24歳になる年まで埋もれていたのか。冒頭にもあるように、石森の野球人生は高い期待を裏切り続けてきた歴史でもある。

 遊学館(石川)では小孫竜二(鷺宮製作所)、本定史好(JFE東日本)とレベルの高い同期に囲まれた。石森は当時、彼らに引け目を感じていたという。

「『あいつらはすごい』と間近で感じていて、小孫と本定に比べると自分はサブのメンバーだととらえていました」

 高校時代は控え投手で、大学は山形県にある東北公益文科大に進学。2年春には外野手としてベストナインを受賞するなど、高い身体能力を生かした「二刀流」で話題になった。

 だが、大学時点での石森には確固たる自信がなかった。

「大学では先発ピッチャーでしたけど、コントロールに苦しむことが多くて。コントロールを意識しすぎて、腕が振れなくなる悪循環でした」

 大学4年時にはプロ志望届を提出したものの、指名漏れ。それでも、石森は自分の可能性を捨てなかった。いや、「捨てられなかった」というほうが正確かもしれない。

「自分には野球しかないとずっと思っていました。ほかに何ができるわけでもないので、これで生きていくと貫けたのだと思います」

 大学卒業後、石森は「マウンドで考えてもいいことはない」という結論に達した。とにかく腕を振らないことには、自分のよさを発揮できないからだ。

「マウンドで考えて結果が出なかったのが、今までの自分でした。結局、自分がやってきたことしか試合では出せません。それなら、何も考えずに気持ちよく腕を振ったほうがいいなと。今年の夏くらいから、自分のボールに自信を持てるようになってきました」

 今季チームに加入した元ソフトバンクの馬原孝浩ピッチングGMからは、貴重なアドバイスを受けている。

「調子のいい時の球の感覚をしっかりと覚えておいて、年間通して投げ続けていくことが大事だよ」

 もはや、視線は目の前の試合ではなく、NPBでいかに活躍できるかに向いている。石森は「まだ上にバーンと抜けてしまうムダ球もあるので、減らしていきたいです」と、現状に満足はしていない。

「ドラフト1位」という声が上がり始めたことについて、本人はどう考えているのか。てっきり「自分なんてまだまだ」と謙遜するかと思ったら、石森からは「ドラ1で行くつもりでやっています」と毅然とした答えが返ってきた。

 火の国サラマンダーズの細川亨監督は、昨年まで19年間捕手としてNPBのユニホームを着たキャリアがある。その細川監督も「もちろんドラフト1位を目指してやってもらっている」と語った。

「今の力でもNPBで通用しますし、即戦力になるでしょう。ダイナミックなフォームで155キロも出せるサウスポーは珍しいんじゃないですか。変化球のレベルも高いし、今すぐNPBで投げられる力はあります」

 決して、選手を売り込むためのリップサービスではない。細川監督にほかの有望選手の話を聞いても、「彼がもしNPBに行けたとしても、今の力では恥をかかせてしまうだけ」と厳しい評価も口をついた。それだけに、細川監督の石森評には重みがある。

 とはいえ、「まだまだできる」というのが細川監督の見方でもある。

「石森自身もわかっているでしょう。NPBで活躍するという目標を叶えるために、どうすればいいか。意識を高く持って、そこへ自分を持っていけるかどうかでしょう。そして我々指導者は、石森に本物の自信をつけさせてやるのが仕事だと考えています」

 高校時代に同級生に劣等感を覚えていた姿はもうない。石森は「俺が一番だと思ってプレーしています」と胸を張る。

 ただし、そう語った翌日。石森は再び大分B-リングス戦に登板し、1回3失点で今季初黒星を喫した。「モノはいいのに......」と周囲のため息を誘った姿から、まだ完全には脱し切れていないようだ。

 かりそめの自信が本物の自信に変わった時、独立リーグ初のドラフト1位指名は現実のものとなるだろう。

ジャンルで探す