巨人と西武で大物選手の争奪戦。鹿取義隆「根本さんのすごさを感じた」

根本陸夫外伝〜証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実
連載第17回
証言者・鹿取義隆(2)

前回の記事はこちら>>

 1989年12月7日、所沢の西武球団事務所で行なわれた入団記者会見。鹿取義隆は巨人への愛着と感謝の気持ちを示しながら、「今日から西武ライオンズを一生懸命好きになります」と言った。「球界の盟主」と称される伝統球団から移った新天地は、本拠地移転後11年間でリーグ優勝6度、日本一5度。どのようなイメージを持っていたのか、鹿取に聞く。


西武移籍1年目の1990年に最優秀救援投手のタイトルを獲得した鹿取義隆

「西武は僕がプロ入りした79年に誕生した新しいチームだから、早く強くしなきゃいけない、っていう意識があったと思う。そこでいろんな選手をトレードで獲ってきて、チームを変えていったよね。他球団で主力だったベテランで土台をつくり、その下を育てていく。そうして、徐々に生え抜きを軸としたチームになっていった」

 リーグが違う他球団にいても、「新しいチーム」だけに注目していた。そのなかで監督を務める根本陸夫が、編成の仕事も兼ねていることは伝え聞いていた。

「西鉄から太平洋、クラウンと名前が変わったけど、実質、同じ福岡で同じチームだったと思う。それが、根本さんがクラウンに監督で入って、西武になって、所沢に移ったことで一気に新しく変えられた。で、それを最初は根本さんひとりでやったわけだから。先を見て、絵を描いて。ようし、この選手出すから、この選手くれよと。すごいな、と思って見てました」

 西武に入ってその根本と間近に会い、言葉も交わした。第一印象はどうだったのか。

「それはもう『怖い』のひと言です(笑)。ご本人だけじゃなくて、根本さん一家というか......ファミリーの人たち。とくにスカウトの浦田(直治)さんは見た目が怖くて。チーム関係者じゃなければ避けて通りたいような、目を逸らして歩きたいような感じでした。それだけ凄味があって、なおかつ選手を見る目を持っていたわけだよね。

 それで直観したのは、スカウティングに関して、何か別のところを見ているのかなということ。巨人の場合、全国区の選手を見に行って獲ってきたところがあると思うけど、西武は目のつけどころが違っていて、草の根分けても獲りに行く。『街を歩いて、いろんな人に話を聞いて選手に接触していた』という話を聞いて、そこが巨人との差なのかと思ったね、当時」

 鹿取が言う「別のところ」とは、チームの近未来を見据えると「足りないところ」という意味合いもある。その不足を補うため、無名でも将来的に伸びる可能性のある選手を探して獲っている----。巨人から西武に移ったことで、とみに感じたという。

「巨人のスカウティングに関しては、西武の選手から『いっつも最後に持っていくよね?』なんて言われたこともあった。たとえば、何球団かで獲り合いになっても、巨人が出ていくとそこで決まる。『たしかにそうかな』と思ったんだけど、それでも西武が獲りにいっていたのは、根本さん、浦田さんのすごさなんだろうなと感じたね」

 ドラフト外の松沼兄弟、秋山幸二、"オリエント・エクスプレス"といわれた台湾の郭泰源----。西武は巨人と"争奪戦"になった大物を次々に獲得していく。それまでは「巨人が獲りに行くなら手を引く。競り合っても負ける」という球団ばかりだったが、西武は違った。スカウト経験豊富な根本が中心になって号令をかけ、従来とは違った方法で選手を獲りにいった。

 たとえば、選手の親や親戚、恩師と親密な関係を築いていく。さらにはアマチュア野球関係者のみならず、高校、大学、社会人チームの先輩・後輩から自治体の首長や地元の名士まで、全国に広がる人脈をフル活用する。そうして巨人よりも先行して獲得する。鹿取自身、一選手の立場でも、「また西武に獲られた」といった空気を感じることはあったのだろうか。

「そこまではなかったし、球団としても獲れなかった影響はとくになかったと思う。言い方は悪いけど、巨人が最後にお金を積んで、いい条件を出せば、まだいい選手を獲れた時代だったから。ただ、郭泰源は巨人に入ると思っていたので、何か変わってきたのかな、とは感じていた。実際、チーム内で『西武はいい選手獲るよね』とか話していたから」

 1983年、巨人は初めて日本シリーズで西武と戦い、3勝4敗で敗れた。2度目の87年は清原和博桑田真澄の"KK対決"が注目されたなか、巨人の守備のスキを突く西武の好走塁が光るなど、野球の違いを見せつけられて2勝4敗。鹿取自身、マウンド上で苦い思いをしたが、この時は力の差を感じていなかった。

「たしかに巨人に勝って、86年から西武は3年連続日本一になったけど、89年は近鉄に負けているんだよね。2厘差で3位になって、森(祇晶)さんがオーナーの堤(義明)さんに言われたのが、『監督をやりたければどうぞ』みたいな言葉だった。たぶん、そこから森さんは捲土重来を期したと思う。それなりの弱点がチームにあったわけだから」

 89年10月19日、東京・原宿の国土計画本社。森はオーナーの堤を訪ね、シーズン終了報告を行なった。同行した根本と球団代表が「来季も森体制でいきたい」とフロントの決定事項を伝えたあと、記者会見で堤が言った。

「根本から聞きました。監督がやりたいんだったら、おやりになればいいんじゃないですか。どうぞ。バックアップもやります」

 森の続投はこのひと言で決まったが、近鉄と最後まで優勝を争ったことへのねぎらいはなく、最大11ゲーム差を縮めたことにも「11ゲーム離れたほうがおかしいんですよ」と放言。さらに「熱パといわれて、パ・リーグの人気が上がったということは、森監督はリーグ表彰されていいでしょう。私は優勝できなかったことが不満ですが......」と痛烈な皮肉をぶつけた。

◆巨人愛を貫いた男たちの波乱万丈>>

 以来、堤は"冷徹な経営者"というイメージがマスコミで取り沙汰されたのだが、常勝を宿命づけられたチームが1年でも優勝を逃すと厳しい、という現実が浮かび上がった。そこで敗因のひとつである「抑え不在」という弱点を補い、リリーフ陣を補強すべく、根本は鹿取の獲得を目指した。

「優勝を逃した近鉄との直接対決。郭泰源のリリーフに先発要員の渡辺久信を起用してたからね。誰の目にも抑え不在は明らかだった。だから、森さんがオーナーにも文句を言われないチームをつくろうとしたとき、僕が候補のひとりになったんだろうなと推測しました」

 加えて、89年のドラフトでは、1位で8球団が競合した目玉の野茂英雄(新日鉄堺)をあえて狙わず、右腕の潮崎哲也(松下電器)を単独指名。リリーフで即戦力と見込んでの新人補強で、チームの弱点を確実に補おうとする方針が見て取れた。

 迎えた翌90年2月、ハワイ・マウイ島での西武キャンプ。鹿取は初日から強い視線を感じることになる。球場にはフィールドとブルペンしかなかったため、ピッチングを始めると、野手陣が練習の手を休めて見に来る。日本シリーズで巨人に勝っていた西武ナインも、「強い巨人から来た選手」として鹿取の一挙手一投足に注目したのだ。

「投内連係、バント処理、牽制、すべて見られるんだよね。それでいざ、野手と一緒にチームプレーの練習をすると、巨人も西武も関係ない、同じ野球をやってきたんだもんな、と感じた。ただ、そう感じながらも、野手のレベルは高いな......と思っていた。で、シーズンに入ったら、そのレベルの高さに自分が助けられたわけだよ」
 
つづく

(=敬称略)

ジャンルで探す