日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便

空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)

 ロッテ戦(9月18日)に敗戦し、134試合目で最下位が確定した日本ハム。開幕から1度も最下位から抜け出すことができなかったビッグボスこと新庄剛志監督だが、「今年は全員の力と性格を把握する年」と位置づけている。スポーツ紙担当記者はこう話す。

【写真】金髪女性と車に乗り込む姿が目撃された新庄監督

「大型契約の新外国人のガントとヌニエスがいずれも機能せず、セーフティスクイズやヒットエンドランを多用する独自采配を貫いたが、勝利には結び付かなかった。しかし、これまで二軍でくすぶっていた若手を積極的に起用し、打率は2割1分台だがチーム最多の17本塁打を放った清宮幸太郎(23)や自己最多の14本を打った万波中正(22)などの若手の底上げに成功している」

 2018年のドラフト1位で、プロ4年目の吉田輝星(21)もビッグボスが引き上げたひとり。吉田は1年目の白星のあと2年連続で勝ち星がなかった。昨シーズンは一軍での登板は1試合(先発で2回7失点)だったが、今シーズンは中継ぎを中心に47試合に登板(9月22日現在)、2勝3敗5Hの成績を残している。

「開幕カードで先発を任されるなどチャンスをもらったが、先発では0勝3敗と結果が出せなかった。中継ぎ転向後は9試合連続無失点を記録するなど勝利の方程式の一角として起用されている。140キロ台のストレート、スライダー、フォークのコンビネーションで8月は9試合に登板して防御率0.87の成績を残すなど、ビッグボスの期待に応えている」(同前)

 4年目に覚醒し始めた吉田だが、実は釧路での主催ゲームへの移動の際に大遅刻をするという失態をしでかしていた。

 8月23日、日本ハムは釧路のウインドヒルひがし北海道スタジアムでオリックスと対戦し、プロ野球では珍しい日没コールドで引き分けた。吉田は5回二死満塁のピンチに登板すると、わずか1球、144キロのストレートでファールフライに仕留めた。2イニング目も無失点で抑え、新庄監督からも「よく抑えた」と評価された。

 試合後のインタビューでは、前日に仙台育英(宮城代表)が東北勢初の甲子園優勝を決めたことに触れ、「いやもう感動したので、ボクもちゃんといい投球をしないとなって。イカつい場面だったので気合が入りました」とコメント。2018年夏の甲子園で東北出身の吉田ができなかった「白河越え」に感動したと興奮気味だった。

 その夏の甲子園決勝が行なわれた8月22日は、東京から釧路への移動日だった。羽田11時25分発の飛行機に乗るため、ナインは10時過ぎに姿を見せはじめ、おのおのが保安検査場を通過していった。

 11時10分、保安検査場に向かって走ってきた吉田。だが、出発時間20分前を過ぎていたことで保安検査場を通過できなかったのだ。目撃したファンはこう言う。

「キャリーケースとヴィトンのバッグを持って、白いシャツにパンツと球団の正装だったのですが、眠そうに目をこすっていました。よほど慌てていたのか、マスクをつけ忘れていましたね。カウンターに向かうと乗れないことがわかったのか、肩をがっくり落としていました。

 次の便は北海道行きだと約5時間後。途方に暮れた様子が背中から伝わってきました。どうやらその便を予約したようで、職員から渡されたマスクを着用して、空港内のホテルの方面にとぼとぼ歩いていきました」

直後にビッグボスが!

 15時30分、気合いを入れ直したのか、今度は出発の40分以上前に保安検査場に現われた吉田。朝の正装から上下黒のTシャツとハーフパンツに着替えており、無事検査場を通過すると、搭乗口に進んだ。出発ロビーに着くと、椅子に座ってスマホを見続けていた。ちょうどこの時間は甲子園で決勝戦が行なわれており、高校野球中継を見ていたようだ。

 吉田は搭乗時間になると一番に機内に乗り込んでいったが、その数分後に白のニット帽を深くかぶった上下黒に黒マスクのビッグボスが現われた。搭乗口で2人が顔を合わせることはなかったが、同じ飛行機で釧路に向かったのだ。通常はナインとは別行動をとるビッグボスだが、この日は遅刻した吉田と同じ便での移動となるハプニングとなった。

 2人は機内で遭遇したのだろうか。日本ハムの広報部に確認したが、締め切りまでに回答はなかった。だが、前述したように翌日のオリックス戦に吉田は好投。ビッグボスの期待に応えた。前述の決勝戦の感想は搭乗口で見ていた甲子園の動画だったのだろうが、吉田は何事もなかったかのようにコメントしている。この大物ぶりなら、来シーズンはさらなる飛躍が望めそうだ。

 

ジャンルで探す