日ハム・大田泰示 「巨人出戻り」より「他球団移籍」が望まれるワケ

大田泰示が次に活躍する場は(時事通信フォト)

 球界の話題を独占しているのが日本ハムの新庄剛志・新監督だ。「ビッグボス」の愛称で呼ぶように報道陣に求め、球界の固定観念を覆す発言、ド派手なファッションなど一挙手一投足が話題になっている。一方、フロントは新庄新体制のもと若返りに向けて大きな改革を断行した。海外FA権を持つ西川遥輝、国内FA権を持つ大田泰示秋吉亮の主力3選手と来季の契約を提示せず、保留手続きを行なわない「ノンテンダー」にしたと発表した。

【写真】元日ハム大谷翔平選手。2.5億円タワマンに母

「メジャーで用いられる用語で、主に選手がコストに見合わなくなった際に用いられる手法で、事実上の“来季構想外”です。3選手は日ハムとの再契約を含めた12球団と移籍交渉が可能になります」(同前)
 
 そのなかで、動向が注目されているのが大田だ。巨人に2008年ドラフト1位で指名され、松井秀喜の背番号「55」を継承。「将来の4番」と嘱望されたが、在籍8年間で9本塁打と伸び悩み、2016年オフに日本ハムへトレード。だが、この移籍が奏功した。2017年に外野のレギュラーに定着し、打率.258、15本塁打、46打点をマーク。プロ9年目で初の規定打席に到達した。2019年に打率.289、20本塁打、77打点と自己最高の成績を更新し、プロ11年目で1億円プレーヤーに。昨季は初のゴールデングラブ賞を獲得した。
 
 しかし、今季は打率.204、3本塁打、20打点と打撃不振に。貧打に喘ぐ日ハムでレギュラーを剥奪され、1軍と2軍を行き来した。地元のテレビ局関係者は大田の状態が上がらなかった原因についてこう分析する。

「今季の大田は強引なバッティングが目立ちましたね。元々、状況に応じた打撃が得意な選手ではないですが、打席で色々考えすぎてしまうのか、バットが出なくなった。結果が出なかった原因は本人も分かっていると思います。ただし、フィジカルの衰えは見られません。右翼の守備は強肩で魅力的ですし、1発がある打者なので移籍先は見つかるでしょう」

 一度は放出した巨人だが、いまの大田はV奪還のための貴重な戦力であることは間違いない。前出・スポーツ紙デスクはこう分析する。

「巨人の外野陣を見ると、丸佳浩松原聖弥梶谷隆幸と左打者が多いが、右打者の主力はウィーラーのみ。長打力がある大田は補強ポイントにも合致します。そもそも大田が巨人から放出されたのは高橋由伸監督時代。今でも球界内では『原辰徳監督なら母校・東海大相模の後輩の大田を放出しなかった』という声が多い。今オフの原監督は新戦力についての言及を控えていますが、いつラブコールがあってもおかしくない」

 一方で、「大田は巨人に戻るべきではない」という声も聞こえてくる。キー局スポーツ担当が語る。

「巨人時代の大田はドラ1で、“松井秀喜の後継者”として期待されていたため、多くのOBから指導を受けていました。しかし、OBのアドバイスはそれぞれ違っていて、うまく咀嚼できなかった大田は打撃フォームを見失っていた。試合でも1つ三振をしただけで叱責を受けるので、笑顔を見せず、いつも辛そうに野球をしていました。大田は身体は大きいですが、繊細で優しい性格です。マスコミの注目が少なく、もっと自由にやれる球団に行くべきです」

 巨人ファンにとっても大田の復帰は複雑な話題のようだ。SNSには〈巨人ファンだけど戻らない方がいいと思う。大田は伸び伸びとした環境の方が力を発揮できる性格だから〉、〈巨人に戻ったらダメ。原監督に打撃フォームをいじられてまた混乱してファーム暮らしの未来が見える。他球団に移籍した方がいい〉と、「巨人」という球団の性質を指摘するコメントが見受けられる。

 大田がユニフォームに袖を通す球団はどこになるか。

ジャンルで探す