労使交渉、進展せず=キャンプ開始延期か―米大リーグ

【ニューヨーク時事】協議が難航している米大リーグと選手会による労使協定の改定交渉が13日に再開されたが、進展は見られなかった。複数の米メディアが報じた。
ESPN(電子版)によると、大リーグ側が新たな提案を示したが選手会側は納得せず、春季キャンプ開始が延期される可能性も出てきた。
労使協定は、昨年12月1日の期限までに改定交渉が合意に至らず失効。ロックアウトに入って活動が停止された。

ジャンルで探す