「ショート・坂本を選択肢に入れてもいい」好調・阿部巨人に高木豊氏が“ウルトラC”を提案

4回、右飛に倒れる坂本勇人(カメラ・宮崎 亮太)

◆イースタン・リーグ 巨人6x―5オイシックス(10日・ジャイアンツ球場)

「ショート・坂本」を選択肢に入れてもいいのでは、と僕は考えている。

 今の巨人はサード・岡本和、ファースト・大城卓という布陣が機能して首位にまで上り詰めた。今、フォーメーションを動かすことで、せっかくのいい流れを手放す心配がある。

 自分にも二塁から三塁へのコンバート経験があるが、全く野球の感覚が違った。やはり庭としてきた二塁は安心感があった。打者との距離感や打球速度といった環境の変化は、敏感に打撃にも影響したものだ。

 坂本は長年、遊撃手として自分の野球をつくってきた選手。ポジションを戻しても問題なくこなせると思うし、打撃も含めていいリズムで試合に入れるだろう。水を得た魚のようにね。適度に休ませながら使って、泉口、門脇と3人で遊撃を回すのは手だと思う。

 阿部監督ともベストな道をよく話し合ってほしい。2軍戦では結果こそ出ていないが、彼は千両役者。大事なのは気持ちが入るか入らないかで、1軍に上げれば必ず力になるはずだ。(スポーツ報知評論家・高木 豊)

ジャンルで探す