前回右脇腹の張りで緊急降板の前田健太、中5日で4回1安打1失点 押し出し含む4四球と制球乱れる

◆米大リーグ タイガース―ナショナルズ(11日、米ミシガン州デトロイト=コメリカパーク)

 タイガース前田健太投手(36)が11日(日本時間12日)、本拠地・ナショナルズ戦に先発。77球を投げて4回1安打1失点で降板した。

 初回。1番・エイブラムズへの初球は91マイル(約146・5キロ)直球。しかし、ストレートの四球で歩かせるなど、6球連続ボールスタート。それでも、2番・トーマスを82・9マイル(約133・1キロ)スライダーで遊ゴロ併殺に仕留めると、3番・ウィンカーは82・8マイル(約133・3キロ)スライダーで見逃し三振と結果的に3人で攻撃を終わらせた。

 2回も3者凡退と安定していたが、3回。先頭の7番・センゼルに左前打を許すと、2死一、二塁から3番・トーマス、3番・ウィンカーにまさかの連続四球で押し出し。4番・ロサリオは空振り三振で最少失点に防いだが、先制点を献上した。この日は5奪三振の一方で、4四球で制球面が乱れた。

 前田はこの日まで10試合で2勝2敗、防御率6・25。前回5日(同6日)の敵地・レンジャーズ戦では初回に2球を投げただけで右脇腹を張りを訴え、緊急降板していたが、大事には至らなかったようで、中5日で先発マウンドに上がった。しかし、3試合ぶりの3勝目とはならなかった。

ジャンルで探す