【ソフトバンク】野村勇、契約更改でユニホームのズボン支給増の珍要求「グラウンドが硬いと一発で破ける」

1300万円アップで契約更改したソフトバンク・野村勇

 ソフトバンク・野村勇内野手(25)が24日、ペイペイDで契約更改交渉に臨み、1300万円アップの年俸2500万円でサインした。交渉の最後には、ユニホームのズボン支給増の珍要求。「(グラウンドが)硬いと一発で破けて、継ぎはぎだらけになる。ランドリーに出したら、布を当てて縫ってもらえるけど、格好良くはないですね」と苦笑いを浮かべた。

 今季、鶴岡一人に並ぶ球団新人記録の10本塁打をマーク。さらに2ケタ盗塁も決めたが、滑るたびにズボンには穴が空いた。「(周東)佑京さんは『自分で買っている』と言っていて、これは増やしてもらった方がいいと思った」。球団公式メーカーのプロモデルは1万円強で販売されているが、いつも自腹では悲しい。交渉役の三笠GMは「全ての要望に応えられるかは別にして、検討していきたい」と柔軟な姿勢を見せた。

 「盗塁は30個やりたい。本塁打は30本ぐらい打つつもりで練習していきます」と野村勇。真っさらなユニホームで塁上を駆け回るのが理想だ。(表 洋介)

ジャンルで探す