おかえり長野! 電撃復帰した背番号7を表紙&巻頭特集で 「月刊ジャイアンツ」1月号、発売中

月刊ジャイアンツ1月号

 好評発売中の読売巨人軍監修ファンマガジン「月刊ジャイアンツ」1月号は広島から無償トレードで電撃復帰した長野久義が表紙。巻頭でも過去の名場面や巨人ナインの歓迎コメントなど特集している。

 また今季限りで現役引退した西武・内海哲也も約4年ぶりに本誌に登場。ファンへ感謝の思いを伝えるとともに、巨人時代に掲載された誌面を見ながら、当時の思い出をたっぷりと語った。

 ウォーカーの独占インタビューでは、来日1年目をステップに来季の目標を掲げた。侍ジャパン入りした戸郷翔征、大勢、岡本和真に、強化試合で対戦した巨人の井上温大丸佳浩中田翔らの活躍も掲載。ドラフト特集では1位の浅野翔吾をはじめ、指名全14選手を紹介している。

 大人気企画のリレーインタビューでは岡田悠希と赤星優志の同い年ルーキーコンビが意外な素顔を明かした。G党アーティスト・岩橋玄樹EE(エグゼクティブ・エディター)は東京ドームシティの「スポドリ!」体験第2弾。16歳のG党俳優・大西利空YAE(ヤング・アドバイザリー・エディター)は連載「G熱大リク」で大興奮のドラフトを振り返った。

 ファン投票で決定した2022年キャプテン坂本勇人&副キャプテン小林誠司のクリアファイルが付録で定価700円(税込み)。書店やYC(読売新聞販売店)、読売巨人軍公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」、ECサイト「ショップ報知」でも購入できる。

ジャンルで探す