【日本ハム】新庄ビッグボス「最後2人で3点取ってほしかった」9回1死満塁で近藤、清宮が連続三振

新庄剛志監督

◆パ・リーグ オリックス3―1日本ハム(6日・京セラドーム)

 日本ハムは2試合連続逆転負けを喫し、京セラドームでは昨季から9連敗。今季のオリックス戦は負け越しが決まった。

 初回2死一、二塁から今川の左翼フェンス直撃の適時二塁打で先制。しかし、先発・田中が直後に吉田正に逆転2ランを浴びた。

 その後1―3で迎えた9回。先頭・今川の死球をきっかけに1死満塁と好機をつくったが、疲労を考慮されベンチスタートだった代打・近藤は見逃し三振、続く清宮は空振り三振に倒れ、試合が決した。

 新庄ビッグボスは試合後、「最後2人で3点取ってほしかったけどね」と振り返り、「でもあそこ(近藤に対して)チェンジアップを投げ切ったというのは大したもんじゃないですか」と相手投手の本田をたたえていた。

ジャンルで探す