【日本S】村田真一氏が解説 マクガフはジョーンズに名前負け 2度のリリーフ失敗で今後使いづらい

9回無死、代打のアダム・ジョーンズに勝ち越しソロ本塁打を許したマクガフ(カメラ・石田 順平)

◆SMBC日本シリーズ2021 第5戦 ヤクルト5―6オリックス(25日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第5戦が東京Dで行われ、オリックスがヤクルトとの熱戦を制して2勝3敗とした。8回に山田の3ランで追いつかれたが、9回に代打・ジョーンズが決勝ソロを放った。第6、7戦は、オリックスが1996年に日本一を決めた“聖地”ほっと神戸が舞台。エース・山本が先発する第6戦で逆王手に挑む。スポーツ報知評論家・村田真一氏は「ドラマチックな展開は裏返せば『リリーフ失敗』が生み出していることになる」と指摘した。

 * * *

 それにしてもスリリングな試合が続くよね。流れがイニングごと、打者ごとに面白いように変わっていく。最後のジョーンズの本塁打は同じ米国人のマクガフがメジャー282発の実績に“名前負け”した感じかな。初戦でも四球を出し、この試合でも2ボールからまるで金縛りにでもあったように力のない直球を高めに放ってしまった。それを仕留めるジョーンズもさすが。

 マクガフは3失点サヨナラ負けの初戦に続き、2度目のリリーフ失敗。山田の3ランが出た前後から急いで肩を作ったのだろうけど、与えられている「守護神」という役割を考えれば言い訳はできんよね。6、7戦目は相手のホームゲームで、第1戦と同じようにサヨナラのプレッシャーがのしかかる。余計に使いづらい。

 同じことはオリックスのヒギンスにも言えるよね。ただ、同点で済んだからいいものの四球、四球で本塁打って、内容がちょっとしんどすぎる。やはり2失点だった初戦に続いて2度目のリリーフ失敗。彼に関してはこのシリーズはもう使わない方がいいと思う。両チームとも先発がこの5試合とも試合を作っている。3戦目のヤクルト・小川の3点が最多失点やからね。このドラマチックな展開は裏返せば「リリーフ失敗」が生み出していることになる。

 オリックスの6戦目はエース山本。中嶋監督としては平野佳から逆算しても最低7回は投げてもらいたいところよね。でも初戦のように球数を投げさせられた時に、どう平野佳につなぐか。6回に見事なワンポイントリリーフを見せた吉田凌や富山、復帰戦としては上々の投球を見せた山岡でもいい。この移動日でしっかりと役割を決めて、ベンチがドタバタすることなく臨みたいところよね。

 ヤクルトは信じてマクガフを使い続けるか清水を抑えに回すか難しいところ。一つ言えることはオリックスはマクガフを全く怖がらないと思う。緊張感もあって接戦が続くだろうから6、7戦目は継投のベンチワークが勝敗を分けるやろね。面白い展開になってきた。(スポーツ報知評論家・村田真一

ジャンルで探す