【日本S】オリックス・吉田正尚、杉本裕太郎、Tー岡田の和製クリーンアップが勝利導いた

6回2死一、二塁、右前適時打を放つT―岡田(カメラ・山崎 賢人)

◆SMBC日本シリーズ2021 第5戦 ヤクルト5―6オリックス(25日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第5戦が東京Dで行われ、オリックスがヤクルトとの熱戦を制して2勝3敗とした。8回に山田の3ランで追いつかれたが、9回に代打・ジョーンズが決勝ソロを放った。第6、7戦は、オリックスが1996年に日本一を決めた“聖地”ほっと神戸が舞台。エース・山本が先発する第6戦で逆王手に挑む。

 呼応するように役割を果たした。「何が何でも勝って、神戸に帰れるように」と声を張ったのはT―岡田だ。吉田正、杉本を後方で支えたチームの日本人野手最年長。1点を追う6回2死一、二塁で集中した。

 「正尚がよく走ってくれましたし、気持ちで打ちました」と、代わったばかりの左腕・田口から同点打。1ボール1ストライクで低めのツーシームを右前へ運んだ。「背負い込みすぎや。普通にやれよ」。打てなくてもいつも、気遣いある言葉で励ましてくれたのが中嶋監督。大事な場面で、恩返しのシリーズ初打点だ。

 2試合連続で日本人だけの3、4、5番を形成。4回2死二塁からの中前適時打は杉本だった。「振りすぎないように意識して、正尚をかえすことだけを考えて打席に入りました」。2回と6回にも左前へ運び、シリーズ初の3安打。2人からそろって名前を挙げられた吉田正は2度ともホームを踏み、第3戦から3試合連続安打と状態を維持している。

 シリーズ開幕前、T―岡田は言った。「大阪に本拠地がありますけど、元々は神戸のチーム。(04年に近鉄と球団を)合併して今がある。ブルーウェーブ時代、バファローズになっても応援してくれている人がいる。そういう人たちの前で、日本一になりたい思いがあります」。95年の日本シリーズ時は7歳。当時記憶はおぼろげでも、生え抜きの主軸として歴史を背負う覚悟がある。日本一の夢を神戸につなげ、勝つしかないラスト2試合。まだ、クリーンアップの仕事は残っている。(長田 亨)

ジャンルで探す