新型コロナ 最新の感染状況や対応は

【DeNA】悪夢再び 三嶋一輝2点リード守れず逆転負け、またしても巨人戦で苦杯

9回1死満塁、岡本和真の左犠飛で生還する三塁走者・八百板卓丸(下、奥は投手・三嶋一輝)(カメラ・山崎 賢人)

◆JERAセ・リーグ 巨人7×―6DeNA(15日・東京ドーム)

 DeNAが、9回に2点のリードを守れなかった。

 6―4で迎えた9回裏。前日の9回に続いてマウンドに上がったのは三嶋。1死一、二塁から代打・八百板、松原、坂本に3連打を浴びて同点に追いつかれると、1死満塁で岡本和にサヨナラの左犠飛を浴びた。

 三嶋は9日の巨人戦(横浜)では3点リードの9回に登板したが5安打を浴びて追いつかれた。巨人戦は、この試合の前の時点で10試合に登板して9失点。防御率9・00と苦手にしていた。またしても三嶋は巨人打線につかまった。

ジャンルで探す