10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

【中日】大野雄大、復活の7回3失点呼んだOB岩瀬氏からの助言「フォームは楽してはいけない」

3勝目を挙げた中日先発の大野雄大

◆日本生命セ・パ交流戦 西武5―6中日(11日・メットライフドーム)

 高校生のようなダッシュで大野雄が復活した。7回3失点で、5月4日のDeNA戦(バンテリンD)以来、1か月ぶりの3勝目。チームを14年以来7年ぶりの交流戦勝ち越しへ導いた。

 「チームは交流戦優勝したいという思いが強い中、前回、前々回と足を引っ張った。何とか勝ちたかった」

 東京五輪の有力候補だが5月9日に左肘のコンディション不良で登録を抹消。復帰後も3戦2敗と苦しんだ。今季4敗目を喫した4日のオリックス戦後にOBの岩瀬仁紀氏から連絡を受けた。「フォームは楽してはいけない。いかに窮屈に、しんどく投げるかが大事」。この日は攻守交代時にベンチまでダッシュ。試合前やイニング間には、股関節を入念にストレッチ。それらの動きで下半身の粘りを意識し、昨季沢村賞投手の輝きを少し取り戻した。

 与田監督は「何とか試合を作ってくれた」と評価。交流戦2位へ再浮上。球団初の交流戦Vへ、まだ諦めない。(長尾 隆広)

ジャンルで探す