新型コロナ 最新の感染状況や対応は

巨人 3年ぶり一軍出場の八百板が勝利呼んだ 代打タイムリー プロ初打点

 9回、代打・八百板が中前に適時打を放つ

 9回、代打・八百板が中前に適時打を放つ (C)デイリースポーツ

 「巨人7-6DeNA」(15日、東京ドーム)

 この日に1軍に昇格した八百板卓丸が九回に代打で出場し、プロ初打点となるタイムリーを放った。1軍出場は楽天時代の2018年以来、3年ぶりだった。

 2点を追う九回、1死一、二塁のチャンスで代打起用された。DeNA抑えの三嶋から中前にはじき返し、二走のハイネマンが生還。プロ初打点を挙げた。

 八百板は、楽天から19年オフに戦力外通告を受け、トライアウトを経て、巨人と育成契約を結んだ。今春のキャンプ中に支配下契約を結んだ。巨人での1軍登録は今回が初。

 さらに、坂本が同点タイムリーを放つと4番の岡本和がサヨナラ犠飛。八百板が勝利に大きく貢献した。

ジャンルで探す