新型コロナ 最新の感染状況や対応は

ヤクルト 首位阪神に完封勝ち 粘投の小川「投げきりたかったけどそこまで甘くない」

 6回、満塁のピンチをしのぎ、満面の笑みでマウンドを降りる小川(撮影・西岡正)

 6回、満塁のピンチをしのぎ、満面の笑みでマウンドを降りる小川(撮影・西岡正) (C)デイリースポーツ

 「ヤクルト1-0阪神」(15日、神宮球場)

 高津ヤクルトが、首位・阪神を完封勝利で撃破した。首位まで2・5差となった。

 先発の小川がついに復調した。投げた7イニングのうち、5度も先頭打者を出塁させたが、その後は要所を締める粘投。八回にピンチを招き、無念の途中降板にはなったが、6安打無失点でしのいだ。

 お立ち台に上がった小川は、「七回終わった時点に監督から『完封しろ』と、そういう声をかけてもらっていた。あそこからギアを上げて何とか投げきりたかったけど、そこまで甘くないなと思いました」とし、ピンチを切り抜けた清水、九回につないだマクガフに感謝した。

 また、打線は初回に村上が先制適時打を放ち、幸先よく先制に成功。その後は好機を作りながらも、得点には結びつかなかったが、投手陣の完封リレーで逃げ切った。

 また史上最年少100本塁打に王手をかけていた村上は、この日は1安打1打点に終わり、メモリアルアーチは次戦への持ち越しとなった。

ジャンルで探す