緊急事態宣言 11都府県に拡大

巨人・菅野 日本球界史上最高年俸8億!4年断り単年契約、日本一でメジャー再挑戦だ

インタビューに応じる巨人・菅野(球団提供)

インタビューに応じる巨人・菅野(球団提供) (C)デイリースポーツ

 巨人・菅野智之投手(31)が14日、都内の滞在先で書面のやり取りなどを通じた契約更改交渉に臨み、日本球界史上最高年俸となる年俸8億円で更改した。今オフはポスティングシステムで米球界挑戦を目指したが残留を選択。球団からは4年契約を提示されたとみられるが、これを断って単年契約の道を選んだ。今季中に海外FA権を取得できる見込みで、秋に日本一を勝ち取り、再度メジャー挑戦を目指す。(金額は推定)

 史上最高の評価を得た。03、04年の巨人・ペタジーニを超える1億5000万増の年俸8億円。菅野は「やっぱりそれだけプレッシャーもありますし、その金額に見合った活躍をしないといけない。身が引き締まる思いです」と決意を新たにした。

 昨季は開幕から13連勝をマークするなど14勝2敗、防御率1・97でリーグ連覇に貢献。今オフはポスティングシステムでの大リーグ移籍を模索したが、熟考の末に残留を決断。ただ「今回、お金で残ったのかと言われてますが、お金のためにやっているわけではない」と右腕はきっぱり言い切った。

 球団からは4年契約を提示されたとみられるが、あえて単年契約を選択した。「まだチャンスを失ったわけではない。まずは日本一を常に考えながら、オフにはもう一回、メジャーリーグに挑戦したい」と今季にかける姿勢を示した。

 この日、原監督は菅野がキャンプで入るグループについて「今の予定はS、(6日に)沖縄からスタート」と明言。ベテランや外国人などを中心としたグループで調整し、シーズンへの準備を整えていく。

 本格的な始動はもう少し先になることから、3年連続で務めている開幕投手に関して菅野は「そこにこだわりすぎて、急ぎすぎてもよくない」との考えを示し、「監督、ピッチングコーチと相談しながらやっていければ」と焦ることなく体を作り上げていく。

 「またこうして挑戦できるチャンスをもらえた。今は日本一のことしか考えていないです」と右腕。9年ぶりの頂点をつかみ取り、新たなステージを模索する。

ジャンルで探す