緊急事態宣言 11都府県に発令中

川島勝司氏が殿堂入り アトランタ銀メダル導いたアマ野球界の名将「身に余る光栄」

 野球殿堂入りに選出されヤマハのピアノの前で笑顔の川島勝司氏(代表撮影)

 野球殿堂入りに選出されヤマハのピアノの前で笑顔の川島勝司氏(代表撮影) (C)デイリースポーツ

 野球殿堂博物館は14日、今年の野球殿堂入りを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)、ノンフィクション作家佐山和夫氏(84)が選出された。プロ野球の元選手や指導者が対象の競技者表彰は98年以来、23年ぶりに選出なしとなった。

 社会人野球、そして日本代表で功績を残した名将が万感の思いに浸る。「大変な名誉であり身に余る光栄であります」と川島氏。そして「多くの関係者の支えがあったからこそと心から感謝しています」と思いを語った。

 川島氏は桐生高、中大を経て社会人・日本楽器(現ヤマハ)へ入社。引退後は同チームの監督として都市対抗を3度制覇。96年のアトランタ五輪では代表監督として日本を銀メダルへ導いた。

 そんな名将の胸に今も残るのは、やはりアトランタ五輪の激闘だ。社会人野球でも修羅場を経験した川島氏だが「日の丸を胸にとなるとスケールが違う。何十倍、何百倍の重圧を感じた」と話す。

 予選敗退の危機からはい上がっての銀メダル。決勝のキューバ戦で4番・松中信彦(元ソフトバンク)が見せた一時同点となる満塁弾を「これまでに経験したことのない歓喜、感動が身を包んだ」と熱を帯びた口調で振り返った川島氏。五輪監督経験者では松永怜一氏、山中正竹氏、星野仙一氏に続き4人目の殿堂入りとなった。

 今年は1年延期となった東京五輪が開催予定。川島氏は「正式種目になって金メダルがない。ぜひ、東京五輪で金メダルを取ってもらいたい」とエールを送る。新型コロナ収束の先にある悲願へ-あの時と変わらぬ熱い思いがにじんだ。

ジャンルで探す