緊急事態宣言 11都府県に拡大

阪神・西純 マエケンフォーム完成!平田2軍監督絶賛「2ランク上がっとる」

 キャッチボールをする西純

 キャッチボールをする西純 (C)デイリースポーツ

 阪神・西純矢投手(19)が14日、鳴尾浜のブルペンで圧巻の仕上がりを披露し、視察に訪れた平田勝男2軍監督(61)の度肝を抜いた。昨秋から挑戦中の「マエケンフォーム」が完成の域に近づいており、体調管理もバッチリ。初の1軍キャンプから、プロ2年目の飛躍を狙う。

 年をまたぎ、西純がブレークの予感を漂わせた。今年3度目の投球練習は直球、カーブを計53球。捕手を立たせたままでも進化のスピードは想像以上だった。強烈なデモンストレーションに平田2軍監督は絶賛の嵐だ。

 「西のピッチングは素晴らしい。去年は力んだりして安定しなかった。今はリリースが安定している。力強いし、2月のキャンプは楽しみだな。全くレベルが違う。2ランクぐらい上がっとる。1軍ローテで競争できるぐらいになりつつあるよ」

 目を奪われたのは指揮官だけでない。1軍担当の鈴衛、片山両ブルペン捕手も「いい球を投げますよ」と舌を巻いていたという。能見、藤川、メッセンジャー…。猛虎史を彩る数々の名投手の球を受けてきた鈴衛ブルペン捕手が証言する。

 「結構、全力で投げてるっぽかったですね。僕の中では一番体感速度は速く感じました。この時期としては素晴らしい球でした」

 プロ2年目は上々のスタートだ。昨秋、左足を上げる時にグラブを太ももに落として投げるマエケンフォームへの変更に着手。「自分の中でこれっていうのは決まってきた」。力みがそぎ落とされ、リリースポイントが安定した。近日中に本格投球を解禁する予定だ。

 昨年の年明けはウエートオーバーして96キロあった体重も、今年は90キロ前後をキープ。体脂肪率も15~16%の高水準を推移している。「数値が結構良くて。体脂肪が減って、筋肉量が上がっていた」。失敗を生かし、体調管理もバッチリだ。

 西勇から「時間の使い方」を指摘され、プロ意識も高まった。「自分の練習の時間も、もっと大切にしろ、練習量が少ないと言われてて」。球団が用意した練習メニューだけでなく、午後からも約3時間半、みっちり汗を流した。

 大黒柱のゲキも期待の裏返し。1軍ローテは西勇、青柳、秋山、高橋が一歩リードし、藤浪、新助っ人のアルカンタラ、チェン、ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)が続く。2年目の覚醒-。西純が仕上がりの早さで、1軍ローテ争いに加わっていく。

ジャンルで探す