阪神ドラ4栄枝 城島流で全試合出場や!コミュニケーションは麻雀で!?

 仮契約を終え拳を握る立命大・栄枝(球団提供)

 仮契約を終え拳を握る立命大・栄枝(球団提供) (C)デイリースポーツ

 阪神からドラフト4位指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が22日、京都市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸800万円で合意した。

 目標に掲げたのは球団初となる捕手でのフルイニング出場。そのための信頼関係構築へ、コロナ禍が終息した暁には、趣味の麻雀で投手陣と積極的なコミュニケーションを図る考えだ。

 「麻雀をしたら、絶対にコミュニケーションが取れますし。どういう人なんだろうというのが分かってくる」と栄枝。かつて2003年にフルイニング出場を果たした城島健司(ダイエー)が、麻雀をすることで投手の性格面を把握し、適したリードをしたというエピソードが残る。

 近年は捕手併用制を採るチームが多いが「自分がチームの柱になれるようにじゃないですけど。やっぱりそのためには1年間フルでずっと出ることが大事なんじゃないかと思っています」と栄枝。最高の女房役を目指し、1年目から1軍に定着する。

ジャンルで探す