巨人のプランは粉々 深刻な鷹恐怖症に「必要なのは鈍感力」評論家の視点

2回、降板する巨人・今村信貴=京セラドーム(撮影・金田祐二)

2回、降板する巨人・今村信貴=京セラドーム(撮影・金田祐二) (C)デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪)

 巨人が球団ワーストの13失点で惨敗を喫し、0勝2敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

 プランは粉々にされた。第2戦に送り込んだ今村が二回途中4失点でKO。第2先発として起用する戸郷もグラシアルに2ランを被弾するなど、失点を重ねた。

 デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「状態の良かった今村で目先を変えようという狙いだったと思うが、一回1死から川島に四球。中軸を迎えて『まずい』という心理が先行し、ストライクとボールがはっきりし出した。ソフトバンク打線におびえたことで今村の良さは消え、高めに浮いた球をことごとく打たれた。栗原の右前打も当たりは良くないが、球が高いからヒットになる」と振り返った。

 その後も投手陣はめった打ちにされた。計7投手で3被弾を含む15安打13失点。94年第1戦の11失点を上回り、13失点は球団ワーストとなった。

 打線も5安打で2得点。六回は2死満塁としたが、中島が3番手高橋に空振り三振。関本氏は3-1から甘い球を見逃すなど消極的な姿勢だったことに触れ、「情報が錯乱しているのか、投打において迷い、思い切りが全くない。本来のプレーをさせてくれない、それがソフトバンクの強さなんだろうが、今は相手を気にしない、いい意味で鈍感力を持った選手が必要。例えば外国人、畠とか」とした。

 巨人V9時代を経験している関本氏。「OBとして悔しいが、流れを変える救世主が出てこないと、また4連敗になる」と語った。

ジャンルで探す