DeNA・梶谷 ベース踏み忘れ!?逆転満弾含む2発6打点

 7回、逆転満塁弾を放ち柴田とタッチする梶谷

 7回、逆転満塁弾を放ち柴田とタッチする梶谷 (C)デイリースポーツ

 「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム)

 逆転満塁アーチに歓声が巻き起こる中、一塁を回ったDeNA・梶谷は何かに気付き、素早く一塁ベースを踏みに戻った。慌てた様子は一切なく、悠々とダイヤモンドを一周。八回にも2ランを放ち、2発6打点で勝利の立役者となった。

 5点を追う七回。柴田、伊藤光の適時打で2点を返し、なおも無死満塁の場面。高梨から右中間へ逆転満塁本塁打を運んだ。「チームに貢献したいという気持ちと、不安な気持ちもあった。久々に打ててよかったです」と振り返った。

 “ベース踏み忘れ”は「(一塁コーチャーの)永池コーチとハイタッチしようとしたら思ったより距離が遠くて」と説明。ベースの位置が体感からずれて踏めていなかったが、同コーチからの指摘も受けて大事には至らなかった。

ジャンルで探す