福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

阪神・望月も失策…併殺コースも二塁へ悪送球

7回、二塁に悪送球する阪神・望月=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)

7回、二塁に悪送球する阪神・望月=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐) (C)デイリースポーツ

 「中日-阪神」(7日、ナゴヤドーム)

 阪神・望月が失策を犯した。4点ビハインドの七回に登板し先頭平田に中前打を献上。続くアルモンテの投ゴロを捕球し、併殺を狙った二塁送球が高く浮いて悪送球となった。

 マルテ、糸原に続いて、この試合3つ目の失策でピンチを広げたが、ビシエドを二ゴロ併殺、高橋は三ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

ジャンルで探す