ロッテ・渡辺が右ひじをクリーニング手術 術後4カ月の実戦復帰を目指す

 ロッテは10日、渡辺啓太投手が横浜市内の病院で、右ひじ関節鏡視下クリーニング術を受けたと発表した。

 術後、約2カ月でスローイング開始。術後、4カ月の実戦復帰を目指す。

ジャンルで探す