ヤクルト連勝は4でストップも、小川監督はドラ1村上ら若手を評価「次につながれば」

2回、プロ初打席で2ランを放ち右手を突き上げる村上(撮影・棚橋慶太)

 「ヤクルト2−4広島」(16日、神宮球場)
 ヤクルトは連勝が4で止まり、対広島は6連敗となった。
 初回に1軍初昇格のドラフト1位・村上の悪送球をきっかけにピンチを招くと、先発の高橋が犠飛とバティスタの3ランで4失点。打線は村上が二回にプロ初打席初本塁打となる右越え2ランを放ったが、反撃はこの2点に終わった。
 それでも小川淳司監督は、プロ3年目の高橋が見せた5回7奪三振4失点(自責0)の力投と、失策を打撃で取り返したルーキー・村上を評価。「高橋は不運な取られ方をしたけど、その後頑張った。村上はいきなりエラーしたけど、その後の打つ姿勢がよかった。両者とも次につながっていけばいい」と成長の糧にすることを期待した。

ジャンルで探す