広島・岡田、6回2失点で8勝目「しっかり抑えることできた」

ヤクルト戦に先発した広島・岡田=神宮球場(撮影・堀内翔)

 「ヤクルト2−4広島」(16日、神宮球場)
 広島・岡田明丈投手が6回4安打2失点で8勝目を挙げた。
 前回登板の6日・阪神戦から中9日での登板となった右腕。初回は三者凡退と好スタートを切った。4−0の二回1死一塁からドラフト1位ルーキーの村上に2ランを被弾したが、その後は崩れることなく投球を展開。持ち前の直球を中心に、燕打線を抑え切った。
 勝利へ大きく貢献し、「ストレート、変化球ともにしっかりと腕を振れて投げ切ることができました。(過去の登板で)いい投球ができていない中で先制点を取ってもらって、しっかり抑えることができて良かった」と安どの表情を浮かべた。

ジャンルで探す