巨人・高橋監督、勝因はリリーフ陣の頑張り「よく粘ってくれた」

渋い表情の巨人・高橋由伸監督=東京ドーム(撮影・金田祐二)

 「巨人11−3中日」(16日、東京ドーム)
 引き分けを挟んでの連敗が「4」で止まり、巨人・高橋監督は投手陣の粘りを勝因に挙げた。
 先発・今村は初回に1点を先制されたが、その後は五回まで無失点の粘りの投球。3−1の六回に先頭・ビシエドからの3連打で1点を失い、一、二塁とされると指揮官は2番手・アダメスにスイッチし、代わった右腕は後続を断った。続く七回にマウンドに立った上原が無失点で切り抜けると、その後の攻撃で一挙5点を奪い、勝利を決定づけた。
 指揮官は「中盤にピンチがあったところを、投手が良く粘ってくれた。その粘りが(あって)終盤にいい形で得点できた」と称賛。連敗中に苦しんできた貧打が解消されての勝利だが、粘り切った投手陣をたたえた。

ジャンルで探す