広島・中崎が2年ぶり2度目の30セーブ達成「いい勝ち方をしているということ」

笑顔でタッチを交わす(右端から)広島・会沢翼、広島・中崎翔太ら広島ナイン=神宮球場(撮影・棚橋慶太)

 「ヤクルト2−4広島」(16日、神宮球場)
 広島の守護神・中崎が2年ぶり2度目のシーズン30セーブを達成した。4−2の九回、1死から走者を許したが、無失点に抑えた。
 試合後は30セーブについて「そこは意識していなかった。チームがいい勝ち方をしているということなので」と、自身の記録よりチームの白星を喜んだ。
 シーズン最終盤を迎えて「七回一岡、八回フランスア、九回中崎」という勝利の方程式が機能している。守護神は「一岡さん、フランスアがいい形でまわしてくれるので、いい勝ちにつながっている」とうなずいていた。

ジャンルで探す