巨人が今季7度目の2桁得点で圧勝 首位広島に2・5差

 3回、右越えに先制4号ソロを放つ坂本勇

 「ヤクルト4−12巨人」(16日、鹿児島県立鴨池野球場)
 巨人が今季7度目の2桁12得点で圧勝。貯金3とし、首位・広島とのゲーム差を「2・5」に縮めた。
 三回に坂本勇が右翼席へ先制の4号ソロ。四回は亀井、長野の連続適時打など、打者一巡の猛攻で一挙7点を奪った。七回には小林が右前適時打を放ち、先発野手全員の14安打をマーク。リーグトップのチーム打率を誇る強力打線が、ヤクルト投手陣を粉砕した。
 先発の吉川光は大量援護にも守られ、6回1失点で3勝目。
 ヤクルトは先発の原樹が四回途中8失点で、開幕から白星なく5連敗。打線は四回、山田哲が11号ソロ。九回には、西浦が2号3ランを放った。

ジャンルで探す