スポーツ

天理・中村良二監督が甲子園初さい配初勝利 神野が2打席連続本塁打

4回天理1死、天理・神野は左越えに2打席連続でソロを放ちガッツポーズ=甲子園(撮影・山口登)

 「全国高校野球選手権・2回戦、天理6−0大垣日大」(13日、甲子園球場)
 天理(奈良)が3回戦へ進出した。プロ野球の近鉄、阪神でプレーし、2015年秋から指揮を執る中村良二監督(49)は、春夏通して甲子園初さい配で初勝利。1986年夏の甲子園優勝時の主将でもあった指揮官は、違う立場で頂点へ一歩進んだ。
 試合後インタビューに中村監督は「校歌が歌えてすごくうれしいというか、選手に感謝のひと言ですね」と笑顔。「想像以上のできというか、思った以上に彼らが頑張ってくれたので100点満点ですね。100点満点ですね。今日は」と教え子たちをたたえた。
 対戦相手の大垣日大を率いるのはベテランの阪口慶三監督だった。就任2年で最高の舞台で胸を借りることになり、意識も「すごくありまして…」と期するものがあったという。「2年目の私がどこまで挑めるかという思いで今日は来たんですけど、僕が思う以上にピッチャーもそうですし、打線も数少ないチャンスを生かして戦ってくれたので、本当にいい結果が出ました」と選手に支えられての勝利を強調していた。
 色黒で筋肉質の体型から“天理のバレンティン”と呼ばれる4番・神野太樹外野手(3年)が、2打席連続本塁打を放って打線をけん引した。先頭の二回無死は中堅右へ先制ソロ。四回1死も左中間へアーチを描いた。2打席連続本塁打は、12日の神戸国際大付・谷口に続いて大会史上33人目(35度目)。
 天理は10日目第1試合の3回戦で、神戸国際大付と対戦する。監督は「同じ近畿勢になるんですけど、しっかり自分たちの野球をやれるように、しっかり調整して、その日を迎えられるように頑張りたいと思います」と抱負を述べた。