巨人打線あと1本、終盤の反撃及ばず…前半の拙攻響く・遠のく首位ツバメと10差

7回2死1、2塁、中島が三振に倒れる(捕手・伊藤光)(23日)=永井秀典撮影

■DeNA7―5巨人

 DeNAは一回に佐野のソロで先制し、六回までに7点を奪って継投で逃げ切った。巨人は六回、代打・中田の2ランなどで追い上げたが、あと1本が出なかった。

◇  最大7点差からの大逆転劇を期待した巨人ファンの願いは、かなわなかった。2点を追う九回。DeNAの守護神・山崎の前に、ウォーカー、吉川、岡本和が三者凡退に倒れ、勝敗は決した。

 六回に4点、七回に1点と計5点を奪い、後半に一気に押せ押せムードになっただけに、前半の拙攻が最後まで響いた。チャンスがなかったわけではない。五回までは投手の赤星優志(日大)から始まった三回を除き、毎回、先頭打者が出塁していた。しかし、2度の併殺打を含めて打線がつながりを欠き、得点を挙げられなかった。

 「前半にも(得点できれば)というところはある」と原監督。試合前まで0勝5敗と不振が続き、二軍調整を経て復帰戦となった東を攻めきれなかった。元木ヘッドコーチは「(東の)直球の質も、変化球のコントロールもよかった」と分析したが、六回途中7安打3四球の内容を見る限り、巨人打線がつけ入る隙はあったはずだ。

 序盤の攻撃が重要な理由は、数字にも表れている。前日までの巨人のチーム打率は2割4分1厘。イニング別に見ると九回が2割8厘で、八回が2割1分7厘と低い。各球団の「勝ちパターン」と呼ばれる救援陣を打ち崩し、逆転勝ちにつなげるのは容易ではない。この日の戦いぶりは、それを象徴していた。

 それでも原監督は試合後、「かなり劣勢の中で、明日につながるというところでしょうね」と前向きに話した。首位ヤクルトとのゲーム差は、ついに10に広がった。これ以上離されないために、24日からの直接対決で意地を見せたい。(宮地語)

ジャンルで探す