エンゼルス、2050年までは本拠地移転せず…アナハイム市と合意

 大谷が所属する米大リーグ、エンゼルスは4日、少なくとも2050年まで、本拠地を米カリフォルニア州アナハイム市にとどめることで同市と合意したと発表した。両者は、エンゼルスタジアムのリース契約を巡って見直し交渉を行っていて、近隣への本拠地移転の可能性もあった。市公式サイトによると、本拠地の継続は65年まで延長が可能で、球団のモレノ・オーナーが共同経営者を務める会社が、総額3億2500万ドル(約354億円)で球場や周辺の土地を買い取ることなどで合意した。(ロサンゼルス 佐野司)

ジャンルで探す