三冠王も間近! 三輪広報が見つめてきたヤクルト・村上宗隆、規格外の男の素顔

 みなさん、こんにちは。東京ヤクルトスワローズ広報部の三輪正義です。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 マジックが4(9月23日現在)となり、2年連続のリーグ優勝が目前に迫ってまいりました。このところ僕もかつてないほどの忙しさです。午前中に、僕のライフワークである「投げ方教室」で都内の小学校で授業、午後は球団事務所に帰って、優勝セレモニーなどの準備にてんてこまい。

 投げて、喋って、打ち合わせをして、動画企画のディレクション……サラリーマン生活3年目にして、自分史上最高の忙しさを迎えています。これもひとえに髙津臣吾監督を始めとする首脳陣、選手のみんなが必死に戦ったおかげです。僕が目を回すのはほんの一瞬、彼らのがんばりに報いることができて、裏方としてこの上ない喜びなんです。

今年の忙しさは昨年と違う

 今年の忙しさ、昨年の優勝時とは違うことがひとつあります。いまやワイドショーやニュースで連日取り上げられている「村神様」。昨年はグッズやイベント、プレスリリースなど「優勝」に集中していればよかったのに、今年はこの「神様」の“ご降臨”で、業務量が“いささか”増えております。

「三冠王期待してますよ!」 ©三輪正義

 神宮球場は連日満員、そのなかには明らかにヤクルトファンではない「村上宗隆のホームランが見たいんだ!」というお客様も増えています。村上が打席に入るたびに包まれる「ザワザワ」感。「今、打つんじゃないか、打つんじゃないか」という期待感。僕もグラウンドの裏で見ていて、ハラハラドキドキする。こんな感覚は久しぶりです。

9年前、大記録達成に立ち会って感じたこと

 思い返せば9年前の2013年シーズン。バレンティンが神宮球場で55号ホームランを打って、王貞治さん、ローズさん、カブレラさんのシーズン記録に並んだ試合。僕もベンチからその光景を目撃しましたが、神宮球場は今よりも異様な雰囲気でした。大竹寛投手(当時広島)から打った打球がライトスタンドに吸い込まれたとき「うわ~、本当に打っちゃったよ……」と思ったのを覚えています。そのあとの打席なんか「アイツ、本当に王さんを超えちゃうの?」と怖いような、嬉しいような複雑な気持ちになりました。

 その日は56号は出なかったのですが、4日後の阪神戦。1回裏の第一打席、榎田大樹投手から打った白球が左中間に飛んで56本目のホームラン。日本プロ野球シーズン本塁打記録を達成。王さんの記録は何人もの選手が挑んでは跳ね返されてきた偉大な記録。「俺は歴史の目撃者になった」と感慨深かったですね。

 続く3回裏にはイ・スンヨプの記録を破るアジア新記録の57号を連発で達成。その試合の重要さをヒシヒシと感じていたら……魔が差したんです。

大記録達成の裏で「魔が差した」ある事件

 ユウイチさんの代走で途中出場した僕は、野球人生でもほとんど経験のない一塁の守備に就きました。9−0でリードした9回表2アウト、最後の打者が放った打球は弱いゴロとなって僕の前に……。ファーストミットいや、外野手用グラブにそのボールを収めて、一塁ベースを踏んだ瞬間、とあることに気づきました。

「あれ? 待てよ、これウイニングボールじゃん……」

 バレンティンの記録のボールは本人のもとに戻ってきているし、幸い誰もこのボールの行方を気に留めていない。そう確信した僕はボールをそっとお尻のポケットに忍ばせました。試合後「2013/9/15 バレンティンホームラン新記録の時のウイニングボール」とマジックで書いてこっそり家に持ちかえりました。

 今そのボールはというと……わが家の押入れの中の「三輪正義記念館」からこのたび発掘されました!

 ボールを見て改めて思うのは、バレンティンの記録達成時はチームは最下位。かたや村上宗隆はチームを牽引し首位に、そして自身は三冠王を摑もうとしている。村上がこのあと何本打つかわかりませんが、個人的には背負うものが多い、村上の記録のほうが価値があるのではないかなぁと思います。

 今つくづく感じるのは、同じユニフォームを着た仲間のなかから、再び偉大な本塁打記録を破ろうとする男が出るとは、なんと幸せなんだろうと。

18歳の新人・村上宗隆と出会ったとき

 18歳の村上宗隆と出会ったのは僕が34歳のときでした。最初に感じたのはとても真面目だということ。高校時代捕手だった彼はプロに入って三塁手に転向しました。打撃に関しては入団当初から素晴らしい物を持っていても、セ・リーグの球団に入った以上「守備を頑張らなくては試合に出れない」と自覚していたと思います。

 森岡良介三木肇(当時)両コーチの熱心な指導のもと自分の長所を伸ばしながら、守備の課題を克服していった。もちろんたくさんエラーをしただろうし、辛いこともあったと思うけど、黙々と守備に向き合っていました。

 打撃は別格でした。彼が1年目、僕も西都の2軍キャンプからスタート。34歳のおじさんは全体練習の後、「打球補」に臨んだんです。これはフリーバッティングをやっているとき外野守備に就いて、生きた球で守備をするという練習です。そのときちょうどフリーバッティングをしていたのが村上でした。

「うわ、すっげえ!」

 センターを守っていると、カーンと飛んできた打球があっという間に僕のところに来る。「あれ? 前に守っていたかな?」とバックスクリーンからの距離を見て守備位置を確認したら、まったくの定位置です。

「打球速いな……」と漠然と思っていると、次はワンバウンドでバーン! とグラブに入ってくる。「うわ、すっげぇ!」と思わずのけぞりました。今まで期待されて入ってきたルーキーを何人もみてきたけど、明らかに打球の速度が違うんです。

 そんな村上は1年目から胆力も違っていました。坂口智隆が僕のことを「マーシー」と呼ぶので、それがチーム内に伝播していました。奥村展征を始めとする“可愛い後輩”たちがシートノックのとき「ボール回し」の掛け声を「ボールマ〜シ~」とか言ってイジってきます。それを見た村上も、僕のほうをわざわざ見て「ボールマ~シ~」と言うではないですか。

「俺二十歳のときの4歳だぞ!」

 思わず「キミね、俺二十歳のときの4歳だぞ。4歳のときの記憶ないでしょ? 俺はハタチの記憶はあるよ!」とたしなめますが、翌日「マーシーさんおはようございます!」なんて挨拶してくる。あのいい意味でのフレンドリーさ、先輩に可愛がられるタイプなんです。

 ここだけの話ですが、先日、村上のスゴさを伝えるためにとある動画を撮りました。

 村上には「キミの打撃練習のときカメラ4台体制で撮っていいかな?」と事前に許諾を得ておいて、自らカメラを回しました。

 しかし……これは実際の動画を見てほしいのですが、奇跡が起きたんです。

 三輪選手、今年一番のビッグプレー!

 村上自身もびっくりしていたその奇跡とは……只今、大急ぎで編集中で、近日球団公式YouTubeで公開しますので、もう少しお待ち下さい。もちろんファンの皆さんに村上選手からプレゼントもありますので、楽しみにしていてくださいね。

実はもっとも向上したのは守備

 今や、日本中から注目される選手となった村上。その成長曲線があまりに急激で、打撃ばかりに注目が集まっていますが、彼を18歳から見ている僕には、どちらかと言えば守備のほうが技術が向上していると映っています。いずれにせよ、こんなに成長している選手を間近で見られるのは本当に幸せなこと。人ってすごいなぁって素直に思います。

 残り8試合、村上の記録はどこまで伸びるのでしょうか。そのホームランボールを摑むという奇跡を起こすのはあなたかもしれない(くれぐれもお願いしますが、危険なのでご自身の席から離れてボールを追うことはやめてくださいね)。

 そして記録を打ち立てた試合のウイニングボールは誰が持ち帰るのでしょうか。あわせて注目したいと思います。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/57485 でHITボタンを押してください。

(三輪 正義)

ジャンルで探す