大谷翔平、真っ二つに折れて先端尖ったバットが強襲 日米悲鳴「笑えんレベルで危ない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。2回には相手の折れたバットが大谷を襲うハプニングが発生した。間一髪で“神回避”を披露したが、日米ファンから「笑えんレベルで危ない」と悲鳴が上がった。

敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場の大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場の大谷翔平【写真:ロイター】

ツインズ戦でヒヤリとするハプニングも“神回避”「マトリックスの動き」

 米大リーグのエンゼルス大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。2回には相手の折れたバットが大谷を襲うハプニングが発生した。間一髪で“神回避”を披露したが、日米ファンから「笑えんレベルで危ない」と悲鳴が上がった。

 直撃すれば、怪我になりかねない場面だった。1-1で迎えた2回2死一塁、大谷の速球を打ち返したパラシオスの打球は一塁ファウルゾーンに飛ぶファウルへ。しかし、この時、バットがマウンドを襲っていた。真っ二つに折れ、ライナーのよう飛んできた。先の尖ったバットはマウンド直前でバウンド。打球方向を追っていた大谷はこの瞬間で気付いたようで咄嗟に身をかわした。弾んだバットがわずかに体を逸れて通過し、事なきを得た。

 大谷は驚きを隠せない表情で打席方向を見つめた。この場面を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターで紹介。「ショウヘイ・オオタニがマトリックスな動き」と伝えた。

 米ファンからは「これはMLBにとってはちょっと気がかり。彼がこれで怪我することを想像してみて!!!」「現代の忍者」「彼を傷つけたら犯罪」「オオタニ以外、折れたバットを気にする選手なんていないよ。しかもそれが自分に重傷を与えかねない…」などの声が。日本人からも「これは危なかった」「折れたバットは凶器」「笑えんレベルで危ない」と悲鳴が上がっていた。

 大谷は5回まで1失点に抑え、14勝目となる勝ち投手の権利が発生している。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す