【MLB】筒香嘉智には「赤信号と言われた点が存在する」 パ軍記者が再契約の「懸念点」指摘

米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は、今季レイズ、ドジャースを含め3球団に所属。パイレーツ移籍後は打率.268、8本塁打、25打点と存在感を見せた。地元メディアなどからは残留を望む声も上がっていたが、米記者は活躍を認めながらも「懸念点がある」と指摘している。

パイレーツの筒香嘉智【写真:AP】

パイレーツの筒香嘉智【写真:AP】

今季の活躍については「私は彼を認めている」と評価

 米大リーグ・パイレーツの筒香嘉智外野手は、今季レイズ、ドジャースを含め3球団に所属。パイレーツ移籍後は打率.268、8本塁打、25打点と存在感を見せた。地元メディアなどからは残留を望む声も上がっていたが、米記者は活躍を認めながらも「懸念点がある」と指摘している。

 レイズドジャースではなかなか結果を残せなかった筒香だが、パイレーツに移籍してからは打撃力でアピール。加入した8月は27打数9安打で、うち二塁打が2本、三塁打が1本、本塁打5発とほとんどが長打だった。

 内外野守れることもあり、地元ピッツバーグのメディアなどからは残留を望む声なども上がっていたが、地元メディアの一つである「DKピッツバーグ・スポーツ」のアレックス・シュトゥンプ記者は「ツツゴウには懸念点がまだある」との見出しが打たれた記事を執筆。筒香について言及している。

 同記者は「正直なところ、私は契約直後のヨシ・ツツゴウの魅力に気づいておらず、記事を書くことはあまり多くなかった。しかし彼は新しいチームで43試合に出場し、打率.268、出塁率.347、長打率.535で8本塁打という数字を残した」と記した。移籍後、想像以上の活躍を見せた筒香について「そうだ、私は彼を認めている」とも評価している。

「ツツゴウと契約する意味はある」としながら…シビアな意見も

 また記事では「ツツゴウは現在FAで、パイレーツは彼との契約に興味を持っている。ナ・リーグが今冬にDH制を導入することを決定するならば、短い期間の契約は双方により意味のあるものになる。彼が打つならばパイレーツは少ないお金でパワーを確保できて、ツツゴウとしてはシーズン後のより良い契約を手にすることができる」とコスト面を考えても契約するのは悪くないとしている。

「もし活躍出来なければ、プロスペクトの成長を妨げることなく彼をカットすれば良いだけだ」とシビアな意見も記してはいるが、「ツツゴウと契約する意味はあるのだろうか? それはもちろんある」とシュトゥンプ記者は伝えている。

 ただ、懸念点の指摘も忘れていない。文末には「しかし、そこには契約した時に赤信号と言われていた点がまだ存在する。それは一貫して速球に強くないということだ」とつづっている。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す