【MLB】激論の大谷翔平MVP争い ゲレーロ派の大投手に米ファン待った「大谷MVPをより強固に」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手とブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手のMVP争いについて、ゲレーロJr.派の元選手がファンの批判を受けている。大谷派の人気実況マット・バスガーシアン氏、ゲレーロJr.派で元投手のペドロ・マルティネス氏が米放送局の企画に登場。意見をぶつけ合い、ファンから「大谷MVPをより強固に」とコメントが届いている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ペドロ・マルチネス氏の持論に米ファン反応

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手とブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.内野手のMVP争いについて、ゲレーロJr.派の元選手がファンの批判を受けている。大谷派の人気実況マット・バスガーシアン氏、ゲレーロJr.派で元投手のペドロ・マルティネス氏が米放送局の企画に登場。意見をぶつけ合い、ファンから「大谷MVPをより強固に」とコメントが届いている。

 レッドソックスなどで活躍し、サイ・ヤング賞3度、通算219勝のマルティネス氏はかねてから大谷の素晴らしさを称えつつ、ゲレーロJr.をMVPに推していた。今回は米放送局「MLBネットワーク」の人気番組「MLBトゥナイト」でバスガーシアン氏と直接対決した。

 同じドミニカ出身で、ゲレーロJr.の父親とチームメートだったマルチネス氏。大谷を凌ぐ理由として、ゲレーロJr.が一塁手として守備に就いたイニング数、DHの歴代強打者や自身が受賞できなかった過去、エンゼルスがプレーオフ争いしていないことなどを挙げた。

 一方、大谷派のバスガーシアン氏は大谷の守備防御点(DRS)など客観的なデータを紹介し、マルチネス氏に失笑する場面もあった。議論は平行線を辿ったが、MLBネットワークは舌戦の模様を公式YouTubeでも公開している。

 実は親交の深い2人。テレビ番組の企画だけに、マルチネス氏は盛り上がるようあえて激論をぶつけ合ったようだが、YouTubeのコメント欄では大谷派の米ファンから待ったの声が相次いでいる。

大谷派の米ファン持論「野球観戦を辞めた人たちが戻ってきた」

「スタッツは全てではないと分かっているが、ショウヘイのWARはゲリット・コールとスタントンを合算したものだ。エリートのスーパースターの打撃とサイ・ヤング賞候補を足したものなんだ」

「ペドロのブラディ援護の反論が、オオタニのMVPをより強固なものにしている」

「ペドロは大好きだし、カリスマ性と知識もあるが、ここでは完全に間違っている。同じ母国のブラディのために戦っているだけ。そんなペドロに敬意を表すが、オオタニは明確にMVPに相応しい」

「野球観戦を辞めた人たちが戻ってきた。それはブラディJr.やペレスが理由ではない。誰が球界で最も価値があるのか明らかだ」

「オオタニで明白だ。球界で最も価値のあるスキルを2つも持っている。彼がMVPで球界最高の選手だ」

「ペドロは口を開くたびに人々の信頼を失っている」

「なぜまだ議論しているんだ。ショウヘイがMVPでしょう」

 幼少時から同僚の息子ゲレーロJr.を可愛がってきたマルチネス氏。真意は定かではないが、結果的にファンを盛り上げてくれているようだ。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す