【MLB】遂に大谷翔平を抜く45号! ゲレーロJr.が183km弾丸HR…発射角度15度の衝撃的な一発

米大リーグ・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が13日(日本時間14日)、レイズ戦で今季45号ソロを放った。この日試合のなかったエンゼルスの大谷翔平投手を1本上回り、リーグ本塁打数で単独トップに。弾丸ライナーで飛び込む実際の映像をチーム公式が公開している。

ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】

ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:AP】

レイズ戦の一発に米ファン「オオタニを抜いたか」

 米大リーグ・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が13日(日本時間14日)、レイズ戦で今季45号ソロを放った。この日試合のなかったエンゼルス大谷翔平投手を1本上回り、リーグ本塁打数で単独トップに。弾丸ライナーで飛び込む実際の映像をチーム公式が公開している。

 遂に大谷を超えた。7回1死、ゲレーロJr.は内角低め97マイル(約156キロ)の難しい球を引っ張った。弾丸ライナーはレフト線へ。低い弾道だったが、勢いそのままにフェンスを越えた。今季45号。人差し指を突き上げてダイヤモンドを一周した22歳は、貫禄十分にベンチへと戻っていった。

 打球速度113.9マイル(約183.3キロ)、発射角度15度の一発を、実際の映像をブルージェイズ公式ツイッターが公開。リーグ単独トップに立つ一発に、米メディア「バースツールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者も「ゲレーロJr.は45号を放ち、父親のキャリアハイを更新し、MLB本塁打王にも名乗り出た」とツイートした。

 米ファンからは「オオタニを抜いたか」「ゲレーロとオオタニ両方にMVPを」「心配ない。MVPはオオタニだ」「ゲレーロがMVPかも」などと様々な反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す