【MLB】脇腹直撃後にまさか… 韓国人打者を襲った“珍死球”に米悶絶「アウチュュュュュー」

米大リーグで死球を受けた打者が、脇腹と肘でボールを“キャッチ”してしまう痛~い珍事が発生。実際の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、「二塁まで進塁させるべき」「こんなの見たことない」「肘当てを着けていて良かった」と米ファンを悶絶している。

レンジャーズの秋信守【写真:Getty Images】

レンジャーズの秋信守【写真:Getty Images】

白球が脇腹と右肘に挟まり“捕球状態”に…ファン仰天「こんなの見たことない」

 米大リーグで死球を受けた打者が、脇腹と肘でボールを“キャッチ”してしまう痛~い珍事が発生。実際の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、「二塁まで進塁させるべき」「こんなの見たことない」「肘当てを着けていて良かった」と米ファンを悶絶している。

 あっと驚く死球で脚光を浴びたのは、レンジャーズの秋信守外野手だ。13日(日本時間14日)のアストロズ戦、5-5で迎えた7回1死の場面だった。カウント1-2から左腕マイリーが投じた4球目の変化球がすっぽ抜け、秋信守の懐付近を襲った。咄嗟にマウンド方向に背を向けるようにして、避けようとしたが、敢えなく体に直撃。ただ、ファンの視線を釘付けにしたのは次の瞬間だ。

 右脇腹と右肘の間に当たった白球は、そのまま挟まるような形になり、秋信守が痛がりながら2、3歩後ずさりすると、ようやくポトリとグラウンドに落下。なんとも痛々しいシーンに球場からもどよめきが沸き起こった。「Cut4」は公式ツイッターと公式インスタグラムに「彼は二塁打を得るべき」「でも、どうやって」とそれぞれ動画を公開すると、米ファンに驚きが広がった。

「数えきれないほど試合を見ているが、これは初めて」との声も

「これはストライクであるべき。完璧なスポットに投じた」
数えきれないほど試合を見ているが、これは初めて」
「肘当てを着けていて良かった」
「打者が捕ったら、投手はアウト?」
「なんで?」
「二塁まで進塁させるべき」
「野球が好きな理由」
「打者が捕手を務めた場合」
「こんなの見たことない」

 コメント欄では続々と悲鳴が上がり、なかには「チュ・シンス」の名前にかけて「アウチュュュュュュュュュュュュュュー」という絶叫も上がっていた。初回に15号ソロを放っていた秋信守だったが、痛い死球の次打席は四球を選んだものの、結局、チームは延長11回で競り負けた。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す