【MLB】鬼肩捕手のあの超絶“ノールック牽制”に米メディアも驚愕「常軌を逸している」

米大リーグで捕手が座ったまま“ノールック牽制”を繰り出し、一塁走者をアウトにするスーパープレーが発生。MLB公式インスタグラムが「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画付きで紹介。米ファンから「反則レベルのキャッチャー」などと驚愕が広がっていたが、米メディアも「常軌を逸したノールック牽制」と報じ、反響が広がっている。

ツインズ捕手によるノールック一塁牽制が話題に【写真:Getty Images】

ツインズ捕手によるノールック一塁牽制が話題に【写真:Getty Images】

座ったまま一塁牽制で話題のツインズ捕手を特集「常軌を逸したノールック牽制」

 米大リーグで捕手が座ったまま“ノールック牽制”を繰り出し、一塁走者をアウトにするスーパープレーが発生。MLB公式インスタグラムが「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画付きで紹介。米ファンから「反則レベルのキャッチャー」などと驚愕が広がっていたが、米メディアも「常軌を逸したノールック牽制」と報じ、反響が広がっている。

 あの“ノールック牽制”の反響が広がっている。1球の牽制で脚光を浴びているのは、ツインズの捕手、ウィリアン・アストゥディーヨだ。

 12日(日本時間13日)のオープン戦・ヤンキース戦、走者一塁の場面。左腕メヒアが投じた変化球に左打者が空振り。次の瞬間、アストゥディーヨの目がキラリと光った。座ったまま、事もなげに投手方向を向いて送球。しかし、腕の振りは違った。バランスを崩してホームベース側によれた打者の陰から投じたのは、一塁だった。

 座ったままとは思えない、鋭い送球。到底、牽制が来る体勢とは思えず、歩いて帰塁しようとしていた一塁走者は完全に不意を突かれ、反応が遅れた。慌てて戻り、頭から滑り込んだが、悠々アウトになってしまった。一塁走者のみならず、欺かれた形になった球場のファン、実況も驚きの声を上げ、騒然とした空気に包まれた。

ファン大反響「これぞ不意打ち!」「非現実的な腕力」

 MLB公式インスタグラムは「ノールック牽制アウト?? これはクレイジー!」と題し、動画を公開。映像を観ると、投手が投球フォームに入った瞬間、一塁方向をチラリと見ている。緩慢な走者の動きを察知したのだろう。そして、捕球した後は一塁方向を見ることなく、正確に鋭い送球を送っている。

 頭脳と強肩が凝縮されたプレーを目の当たりにしたファンから「これぞ不意打ち!」「非現実的な腕力」「反則レベルのキャッチャー」などとコメントが殺到していたが、米メディアも反応。驚愕の“ノールック牽制”を続々と紹介している。

 スポーツメディア「ファンラグスポーツ」は「ツインズのキャッチャーが常軌を逸したノールック牽制で摘み取る」と見出しを打って特集。「もし、君がベースランナーだった時は、ツインズの捕手ウィリアン・アストゥディーヨのことは警戒する必要がある。彼は一塁へのノールック牽制で摘み取り、ニューヨーク・ヤンキースを手玉に取ったのだから」と報じている。

 開幕まで2週間と迫っているが、アストゥディーヨがマスクをかぶっている試合は、走者は一瞬たりとも気を抜けなくなるだろう。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す