各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

元オリックス宮崎祐樹氏が介護福祉士の野球チームの監督就任

社会人の軟式野球チームを立ち上げる顔ぶれ。左から中本築氏、監督を務める宮崎祐樹氏、久保田健治氏、中本武志氏(宮崎氏提供)

介護福祉士の野球チームが誕生する。ともに介護、福祉を手がける3社が、軟式野球の社会人チームを結成。株式会社Nine、特定非営利活動(NPO)法人オレンジ、同ジャム&ハッピーの3社で、それぞれが障がい者生活支援センター運営など介護、福祉事業を手がける。社長同士が趣味の草野球を通じて親交を深めてきた3社が協力し、来年の春に大阪府軟式野球連盟に加盟を申請。天皇賜杯全日本軟式野球大会への出場を目指す。監督は、2019年に引退し、現在はアクサ生命に勤務する元オリックス宮崎祐樹氏(34)が務める。

Nineの久保田健治CEO(32)は「障がいを抱える方々を元気にしたいことが第一。介護や福祉は私たちが生きていく上で、必ず関わりができるもの。介護、福祉に携わりながら野球を続ける道があることを知っていただけたら」と、チーム設立の理由を語る。

今秋、高校、大学、短大、専門学校卒業生を対象にトライアウトを実施。合格者はNineを軸に3社に採用される。野球のかたわら、グループホーム福祉施設の支援スタッフとして働く。日常生活上の必要な援助を行い、給与を受け取りながら野球に打ち込む。オレンジの中本築代表取締役(42)は「物作りをして生活されている障がい者の方々が、自分を介護してくれている選手のユニホームやグッズを作って、応援もできます」と介護する側、受ける側が支え合う関係を語る。

選手たちは現役中に介護、福祉に関する各種の資格を取得し、引退後はNineなどが運営する各施設の施設長に就任することも可能。福祉以外でも、同社が経営する飲食店や不動産業など他業種に就くこともできる。監督に就任する宮崎氏は「久保田さんたちの熱意に打たれたことと、働きながら野球を続けたいと考える母校の後輩たちに選択肢を広げることもできると思い、お引き受けすることを決めました」と語った。選手達は介護で社会に貢献しながら、軟式野球でトップを目指す。

宮崎祐樹(みやざき・ゆうき)1986年(昭61)11月29日生まれ、佐賀県出身。長崎日大から亜大、社会人のセガサミーを経て10年ドラフト3位でオリックス入り。プロ1年目にフレッシュ球宴出場。2年目の12年9月29日ロッテ戦で「1回表にプレーボールで初本塁打」をマークした史上初の選手になった。19年に現役を引退。プロ生活9年で、通算成績は234試合、8本塁打、48打点、打率2割4分。

ジャンルで探す