青学大スーパー1年生佐々木が2戦連発、井口も吉田正尚も超えた

青学大対立正大 2回表青学大1死、先制の左越えソロ本塁打を放つ佐々木(撮影・鈴木みどり)

<東都大学野球:青学大4-1立正大>◇第2週第2日◇9日◇神宮

青学大のスーパールーキー佐々木泰内野手(1年=県岐阜商)が、「5番三塁」でスタメン出場し2試合連続の本塁打を放った。

0-0で迎えた2回1死、立正大の先発田中裕人(4年=取手一)の高めのスライダーをとらえ、左翼スタンドへ運んだ。先制の2号ソロとなり「自分の好きなところに来たので、振り抜きました。いいホームランが打てました」と振り返った。

デビュー戦となった5日の立正大戦では、8回に大学初アーチとなる勝ち越しの決勝2ランを放っており、2試合連続で打力を見せつけた。

青学大の先輩である井口資仁ロッテ監督やオリックスの吉田正尚外野手は、ともに1年春は本塁打1本のみで、2戦で上回った。「高校でも2試合連発はなかったので、自信になりました」と話した。安藤寧則監督(43)は「物おじしないので、その場で力が発揮できることにつながっていると思う」と明かした。

ジャンルで探す