グラシアル1号、日本シリーズ最長タイ9戦連続得点

巨人対ソフトバンク 3回表ソフトバンク無死一塁、左中間に2点本塁打を放つグラシアル(撮影・垰建太)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク・グラシアルが「シリーズ男」の本領を発揮した。4点リードの3回無死一塁。2番手戸郷の真ん中スライダーを完璧にとらえると左中間を越えた。ダメ押しの1号2ランでリードを6点に広げた。

昨季の日本シリーズは3発でMVPに輝いていた。今年も2戦連続2安打。「久しぶりにいい当たりのホームランだった。いい追加点になってくれた」と話した。

▼グラシアルが18年第3戦からシリーズ9試合連続得点。連続試合得点(連続シリーズ)は68年第1戦~6戦、69年第1戦~3戦の高田繁(巨人)に並ぶ最長となった。シリーズで3年連続の本塁打は91~94年清原(西武=4年連続)以来。外国人選手の3年連発は最長に並び、51~53年与那嶺(巨人)78~80年マニエル(ヤクルト、近鉄)90~92年デストラーデ(西武)に次いで4人目。

ジャンルで探す