工藤監督、5点差でも丸封じに左キラーの嘉弥真投入

巨人対ソフトバンク 6回裏巨人1死一、二塁、丸は空振りの三振に倒れる(撮影・前岡正明)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク工藤公康監督が継投で巨人丸を封じ込めた。6回1死一、二塁、7-2と5点差でも、先発石川から左キラーの左腕嘉弥真を投入。

丸を空振りの三振に仕留めると、その後は高橋礼へとつなぎ、この回を無失点に抑えた。「あの回をなんとかしのげばと思った。一気に1点差に詰め寄られるとか、そうならない前に早め早めにと思った」。日本シリーズ前からよく「自分のチームでは逆シリーズ男を作らせないように、相手には逆シリーズ男ができるように」と口にしていた。初戦で好機で併殺打に終わっていた丸に、同じ好機で「リベンジ」させない継投策でピンチの芽を摘んだ。

ジャンルで探す