奥川は超注目株、ヤクルト発表会は過去最多の応募数

ヤクルト新入団選手発表会で高津監督(中央)を囲み、笑顔でガッツポーズする左から時計回りに吉田大喜、大西、長岡、武岡、杉山、奥川(撮影・浅見桂子)

ヤクルトの新入団選手発表会が3日、都内で行われた。抽選で選ばれたファン500人の前で、お披露目された。

   ◇   ◇   ◇

ドラフトで3球団が競合した夏の甲子園準優勝右腕の星稜・奥川恭伸投手は、すでに注目株だ。発表会の観覧に応募したファンクラブ会員は過去最多の4000件以上で、約17倍の倍率をくぐり抜けた幸運なファン250組500人が詰めかけた。

報道陣も、過去最多となる約100人が集まった。会場には、例年よりもグッズショップを大展開。新人としては初めて販売されたレプリカユニホームは約100枚が売れ、担当者は「予想していたよりも好調な売れ行きでした」と話した。

ジャンルで探す