オリックスK-鈴木がプロ初勝利、6回途中1失点

6回途中1失点で降板するK-鈴木(撮影・上田博志)

<オリックス-西武>◇18日◇京セラドーム大阪

オリックスK-鈴木投手(25)が6回途中3安打1失点の好投でプロ初勝利を挙げた。

毎回走者を出しながらも、最速147キロの直球とキレのある変化球で打者を手玉に取り、何度も訪れたピンチを切り抜けた。6回2死一、二塁で球数がプロ最多125球に到達したところで降板。2番手小林が金子侑を遊ゴロに仕留め、この回を無失点で終え、ベンチで笑顔をみせた。1点リードをリリーフ陣が守り、プロ2年目でうれしい白星を手にした。

★オリックスK-鈴木のプロ初勝利まで★

◆18年シーズン ルーキーイヤーは4試合に登板。3試合救援登板した後、8月21日楽天戦でプロ初先発。4回7安打4失点だった。

◆19年初登板 4月28日西武戦で、7回無失点と好投。交代した時点では勝利投手の権利があったが、8回に近藤、山崎福の2人で1イニング6与四球4失点と炎上。プロ初勝利が吹き飛んだ。観戦していた宮内オーナーが「(プロ初勝利を)つぶすのが得意なんだ、うちは!」と激怒する事態となった。

◆大量失点 雪辱を期して登板した5月5日ソフトバンク戦だったが、今度は7回7失点。小刻みに失点を続け「勝負どころで制球が甘くなり、相手に流れを渡してしまった」と悔やんだ。

◆再び初勝利が… 5月11日楽天戦で7回4安打9奪三振無失点の力投。6回に味方打線が1点を取り、交代時点では勝利投手の権利があったが、8回に救援陣が乱れて逆転を許してしまった。試合は打線のその後の奮起もあり、逆転勝利。

ジャンルで探す